BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

2018/07/31

院長ブログトップ > 脂肪溶解注射を自分で自分に打ってみた!

脂肪溶解注射を自分で自分に打ってみた!

お腹の脂肪ってなかなか取れないですよね?

実はダイエットした時に、脂肪がなくなる順番というのがあります。

わかりやすく言うと、体の中心から離れているところほど脂肪は落ちやすい。

体の中心=おへそですよね。

結局、へそ周りのお腹の脂肪が一番落ちにくいのです。

これは、僕が春の大会前に体脂肪を4%まで落とした時に身をもって体感しました。

ダイエットの始めは、顔やふくらはぎから細くなっていきます。顔もふくらはぎも体の中心(おへそ)から遠いですよね。だから比較的ダイエットですぐに「痩せた」効果は出ます。そして一番脂肪が落ちにくいところは万人が嫌う「お腹の脂肪」なのです。

この落ちにくい「お腹の脂肪」をなるべく簡単に落としてしまおう!というのが、今回の紹介する脂肪溶解注射です。メソセラピーとも呼ばれます。

今回は大会の前に僕自身が自ら注射した脂肪溶解注射(メソセラピー)の様子をご紹介します。

まずは落ちてほしい脇腹の脂肪をアイスノンなどの氷で冷やします。

そしてその後、間をおかずにすぐに注射!

これは、僕自身が脂肪溶解注射(メソセラピー)を自分の脂肪を掴んで注射しているところです。

やはりちょっとは痛いので、全部自分でやるのはたいへんでしたね。

もちろん実際の診療では、看護師が脂肪注射部位を冷やしながらドクターが手際よく注射していきます。
治療時間は1部位約2~3分(手のひら大の範囲)で終わります。

治療後の痛みはありません。

落ちにくい脂肪は、手軽に行える脂肪溶解注射(メソセラピー)もおすすめです!

※当ブログでもご紹介している『エクセルによるダイオードレーザーの脂肪分解』のほうが効果は大きいです。

脂肪溶解注射(メソセラピー)については
船橋美容HP「メソセラピー(脂肪溶解注射)」
青山美容HP「メソセラピー(脂肪溶解注射)」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/07/24

院長ブログトップ > 2018年 関東メンズフィジーク選手権大会(JBBF)を観覧

2018年 関東メンズフィジーク選手権大会(JBBF)を観覧

たまの休みの去る2018年7月15日に、日本ボディビル連盟(JBBF)主催の関東メンズフィジーク選手権大会を見てきました!
複数の友人が出場していたので、応援もしてきました。

こういった大会に興味を持ち始めたのは昨年からですが、ただ単に健康やスタイルを整えるために筋トレをするのと、こういった大会に出場するのとでは、かなり違いがあることを実感しております。
私自身も去る4月29日に大会に出場(その模様のブログはこちら)したので、いかに大会に出る準備をするのが大変なのか、身をもって知りました。まさに身を削って大会に臨みます!

友人たちの大会結果はベストの結果ではありませんでしたが、あの舞台に立つまでの苦労がわかるだけに本当に「お疲れ様でした!」という言葉何度も言いたくなる心境でした。

お疲れ様でした!

ちなみに僕が出場した時の大会動画がユーチューブにアップされています。

是非ご鑑賞ください!(笑)

 

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/07/17

院長ブログトップ > 夏の紫外線、女性の髪にも大敵です!

夏の紫外線、女性の髪にも大敵です!

連日の酷暑に皆様も辟易されていると思います。

こんなに暑い時は外出しないのが一番ですが、そうはいかない場合はしっかり紫外線対策をしてくださいね。

紫外線は肌のシミやしわの原因となることは、皆さまよくご存じだと思いますが、実は髪にもダメージを与えます。

頭皮が紫外線に暴露されると、頭皮を形成する角化細胞(ケラチノサイト)から活性酸素が出され、その結果、周囲に炎症を生じます。
この炎症とそれに引き続き起こる繊維化が、髪の脱毛症を起こすのです。

もちろん1、2回の紫外線の暴露で大きな変化はありませんが、シミやしわと同じで長年の紫外線への暴露でおおごとになってしまうこともあります。

照っている太陽の下で外出するときは、日傘を必ず利用しましょうね!

 

女性の薄毛についてはこちら
船橋美容HP「女性の薄毛・脱毛症ページ」
青山美容HP「女性の薄毛・脱毛症ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/07/10

院長ブログトップ > 夏の汗、腋臭?多汗症?

夏の汗、腋臭?多汗症?

夏、本番になりましたね。
この原稿を書いているここ最近は、連日30度超えで、めちゃくちゃ暑いですね。
こんなに暑いとやはり気になるのが汗ですよね?
僕のクリニックにも、この時期は汗の相談が激増します。
体の悩みとしてはかなり上位にある汗の量や臭いの相談ですが、意外と皆様があまりご存じないので、今日はこの汗の種類について解説しますね。
汗を出す分泌腺は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類があります。それぞれの特徴は下記の表をまず見てください。

治療を検討するにあたって、重要なこととしては、汗の臭いに独特な「ワキガ臭(わきがしゅう)」があるかどうかです。

ワキガ臭がある場合は、基本的にアポクリン汗腺を破壊・除去する治療が基本になります。密室にいると腋臭の臭いが充満してしまうような強い腋臭症の場合は、当院がすすめているシェービング法による手術をおすすめしますが、そこまで強くない場合は、日常生活に制限が起こらないビューホット治療をおすすめします。

上記写真:シェービング法で使用する刃(黄色のカッコ内)。臭いが強い腋臭は再発しないシェービング法をおすすめします。

ワキガ臭がない場合は、エクリン汗腺の活動が活発な「多汗症」という症状です。脇の多汗症の場合は、強烈に脇汗を掻くので、夏場のこの時期は服に付いた汗ジミにより臭いを強く感じる場合があります。ただこの強い臭いもアポクリン汗腺の汗でないので、多汗症に準じて治療する必要があります。この多汗症の汗の臭いと、アポクリン汗腺の汗の臭い(ワキガ臭)を混同されているかたが多くいます。ここが大事ですので、汗の臭いで悩まれている場合はご自身でよく汗を臭う必要があります。もちろんよくわからない場合は、クリニックにご相談いただければ、概ね診断は付きます。脇の多汗症の場合は、ボトックス治療またはビューホット治療をおすすめします。エクリン汗腺の厄介なところは、ビューホット治療(あるいはミラドライなどの他の治療)などでエクリン汗腺を一度破壊しても、いくらか再生されてしまうところです。イメージとしては、治療直後から数か月は全く汗を掻かない状態になりますが、6か月程度で半分くらいに戻るイメージです。「汗の量が半分くらいになれば十分」という感覚で治療を受ける場合にはビューホット治療は進められますが、「汗が完全に止まってほしい」という思いが強い場合は満足できない可能性が高いのです。

後者のような場合は「汗が完全に止まる」ボトックス治療をおすすめします。

ただし、ボトックス治療も効果が半年前後なので、定期的に治療を受ける必要があります。やはり夏場が一番気になる方が多く、当院にも10年以上も毎年夏場にボトックス注射を受けに来られるかたがたくさんいらっしゃいます。

上記写真:多汗症の第一選択で使用するボトックス

以上、今回はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の汗の違いについて解説しました。

ビューホットワキガ・多汗症治療についてはこちら
船橋美容HP「わきが・多汗症治療のポイントページ」
青山美容HP「わきが・多汗症治療のポイントページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/07/03

院長ブログトップ > 本日発売の『サンデー毎日』に載っています!

本日発売の『サンデー毎日』に載っています!

本日(2018年7月3日)発売のサンデー毎日(2018年7月15日号)に「わきが多汗症治療」について特集が行われています。 

↑この雑誌です。

その特集の中で「切らないわき多汗症治療」を行うクリニックとして当院が掲載されています。柴田先生とダブルで載っています(笑) 

 

僕も柴田先生も切開する腋臭手術も得意としておりますが、腋臭の臭いの程度や生活環境に応じて、おすすめする治療を使い分けております。 

ビューホット治療の利点は何よりも治療後の生活に何も制限がないところです。 

翌日からプール、海にも行けますので、夏場のこの時期に治療を受けるにも障壁は少ないです! 

是非お気軽にご相談ください! 

ビューホットワキガ・多汗症治療についてはこちら
船橋美容HP「ビューホットワキガ・多汗症治療専用ページ」
青山美容HP「ビューホットワキガ・多汗症治療専用ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/06/26

院長ブログトップ > ダイエットの正しい方法②

ダイエットの正しい方法②

今回はダイエットの正しい方法の第2回です。

第1回はこちらです。
  僕のダイエット決意(ダイエットの正しい方法➀)

今回はダイエットを少しでも楽にやり遂げるために、一番大事なことについて書きます。

それは『水をたくさん飲むこと』です。

これについてはよくダイエット本にも載っていることですが、非常に大事です。

現代人の75%は水分摂取が足りていないというデータもあります。
まず水分をたくさんとることは体の代謝を上げるために必要です。逆に水をたくさん飲んでいれば、それだけで代謝があがり、痩せやすくなります。
そのほかにも、疲労がとれやすくなり、便秘の予防にもなります。そして、ダイエット中に何よりも役立つことは、『食欲がおさまる』ことです。

基本的にダイエットに『我慢』がつきものです。特に食欲を抑える我慢が何よりもつらいですよね。
ここで『水』の登場です。
お腹がすいて、何か食べたいと思った時は、まずコップ1杯よりちょっと多めの水(200~300㏄)を飲み切ってください!

これで食欲がおさまる場合が多いのです!

というのも、多くの場合、頭が脱水を空腹と勘違いさせているからです。
この『勘違いしている空腹感』は水を飲むだけでおさまるのです。

また、余談ですが、水だけでおさまりそうにもない空腹感がある場合は、水に少しだけ粉末のビタミンCまたはアミノ酸(味付き)またはクエン酸を混ぜて飲みましょう。これでかなり強い空腹感がある場合もおさまります。

 ではどのくらいの水を1日飲むかということですが、これは体重や運動量にもよりますが、僕のダイエット期間中1日6リットル以上は飲んでいました。
ダイエットしていない時期でも4リットルは飲むようにしています。
一般的な体格の女性でもダイエットをするなら最低3リットルは飲みたいですね。
もちろん腎機能が正常ではなく、電解質や塩分が取れていない環境下では過剰な水は健康を害することはありますが、通常の健康女性なら、過剰摂取になることはまずありません。

水をたくさん飲むことの唯一のデメリットは『トイレが近くなること』ですが、これは体が徐々に慣れてきて、トイレに行く頻度が減ってきます。
最初はどうしてもトイレの頻度が増えますが、これだけは仕方がないことだと思ってください。

とにかく本当にダイエットのやり遂げたいのでしたら、水をなるべく飲んで下さい!
(そしてトイレに1日10回以上行くことに慣れてください)

以上今回は水についての話でした。

「本気のダイエットなら、水を飲んで飲んで飲みまくってください!」

当院の痩身治療については
船橋美容HP「痩せる治療方法のポイント」
青山美容HP「痩せる治療方法のポイント」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/06/19

院長ブログトップ > 初の函館♪

初の函館♪

つい先日、1泊2日で社員旅行で初の函館に行ってきました!
(ご予約希望のかたにはご迷惑をおかけしました。すいません)
海鮮料理を食べ尽くす、食べてばっかりのグルメ旅になりました。
行程としては、
【1日目】
朝、函館到着

函館駅近くの朝市で、うにいくら丼

イカ釣り(イルカの大群に遭遇)

釣ったイカを食する

社員揃っての食事会(夕食)

函館山の夜景

【2日目】
ホテルのいくら食べ放題朝食バイキングで、変な汗を掻くくらいいくら丼を山盛り4杯食する

レンガ館でお土産買う

五稜郭見学

六花亭喫茶でソフトクリーム

ビアガーデンで地ビールやジンギスカン等

帰路

以上、濃厚な2日間でした(笑)

社員が皆すごく楽しんでくれたのが、何よりも僕はうれしかったです。
また、仕事をより一層頑張る活力が湧きました!
がんばります!

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/06/12

院長ブログトップ > フェイスリフト手術の効果

フェイスリフト手術の効果

加齢によるタルミが強い場合、または持続性があって効果が大きい治療を成果を求める場合、やはり一番効果の面でおすすめするのはフェイスリフト手術です。

フェイスリフト手術の効果について、モニター写真を見ながら解説します。

上記:フェイスリフト手術前の状態です。

上記:フェイスリフト手術後約6か月の状態です。

ちょっと見づらいと思いますので、左右に並べて解説します。

上記左側:フェイスリフト手術前 右側:フェイスリフト手術後

青線:ほうれい線が青線ですが、手術後は頬が上がったことにより、ほうれい線の位置が上に上がっていることがわかります。もちろんほうれい線自体の深さも、フェイスリフト手術後は浅くなっています。

緑線:フェイスラインが緑線ですが、フェイスリフト手術後はフェイスラインがよりシャープになり、鋭角になっています。いわゆる加齢によって四角になった顔が、本来の形に戻ります。

黄色丸枠内:フェイスリフト手術後はたるみ自体大幅に改善していますので、肌のハリと毛穴も改善します。これは写真で見る以上に、実際に治療を受けられた患者様が一番効果を実感できる箇所です。

以上のようにフェイスリフト手術はすべての若返り治療の中で最も効果が大きい治療と言えます。

フェイスリフト手術ではやはり傷跡を気になさるかたが多いのですが、傷跡も時間が経てばほとんどわからなくなります。

上記:フェイスリフト手術後約6か月の耳横の傷跡です。

あまり目立ちませんね。さらに月日が経てば、傷跡はもっと目立たなくなります。

最後に、このモニター様がご記入なさったアンケートです。

・習志野市 60歳代 女性
「フェイスラインは、30代後半頃から気になっていました。
いつか整形してスッキリしたいと思い、60代に入りいよいよ来る時が来た、と(東京のクリニックを訪ねたのですが、折り合いが合いませんでした)。
電車の中で船橋中央クリニックさんの広告を見て、電話で予約の形で訪れ、スタッフの皆さまの優しさにホッとして手術を受けました。
何も手術に関しては問題無く済み、今では周りの人にも気付かれることも無く、10歳以上若返った自分に満足しています。
ありがとうございました。」

以上、今回はフェイスリフト手術の効果についてでした!

フェイスリフト手術については~
船橋美容HP「フェイスリフト」
青山美容HP「フェイスリフト」もご参照ください。
 
美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
【船橋中央クリニックについて】
船橋中央クリニック院長は、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。
常にご来院された患者様に満足していただける美容整形・美容外科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
船橋中央クリニックのこのような取り組みをご理解いただき、船橋市内、千葉市内はもちろん近郊の、錦糸町、本八幡、西船橋、鎌ヶ谷、市川、津田沼、習志野、幕張、江東区、江戸川区、八千代、佐倉、市原、五井、蘇我、勝田台、浦安、柏、野田、松戸、八街、流山、佐原、茂原、成田、四街道、房総や遠いところでは、木更津、東金、旭、勝浦、鴨川、君津、富津、袖ケ浦、印西、白井、富里、匝瑳、いすみ、印旛、山武、香取、九十九里、安孫子、銚子からも多数の患者様にご来院いただいております。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業