BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

カテゴリー:二重・目元・クマ

2019/11/05

院長ブログトップ > くぼみ目を埋没法で治す

くぼみ目を埋没法で治す

上まぶたの窪みは、加齢とともに起こり得る現象です。
いわゆる「くぼみ目」ですね。

くぼみ目の治療で一番一般的に行われるのはヒアルロン酸注入です。
当院でもくぼみ目のヒアルロン酸注入を多数行っています。
このブログでもモニター写真を紹介していますね(くわしくはこちらをご覧ください)。
ヒアルロン酸注入は良い手段ですが、窪みが強い場合はヒアルロン酸をたくさん注入する必要があり、そのデメリットとしては、閉眼時まぶたが少し不自然に盛り上がる点です。

そこで、当院では窪み目治療で行っているもう1つの治療方法として、「二重まぶた埋没法」を行います。
これについても以前のブログで紹介していましたね(くわしくはこちらをご覧ください)。

今回のモニターさんも「くぼみ目に対する埋没法治療」の症例です。

上記:窪み目の治療前。かなりくぼんていますね。

上記:窪み目に対して3点留めによる埋没法を行った3か月後

最初はくぼみの状態が強く、皮膚のたるみや窪みに左右差が強いために、埋没法できれいに仕上げることに限界はありますが、
それでも治療後はかなり目のくぼみが改善したと思います。

今回は、くぼみ目を治すには、「ヒアルロン酸注入以外にも方法がある」という話でした。

くぼみ目の治療は
船橋中央クリニック、青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院
上まぶたのくぼみ専門ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/10/29

院長ブログトップ > 切らない眼瞼下垂治療で男も二重に

切らない眼瞼下垂治療で男も二重に

黒目(くろめ)に上まぶたの皮膚が覆いかぶさっている状態を、眼瞼下垂と言います。

黒目の1/3以上が隠れている場合は病的に眼瞼下垂と言えますが、今回紹介するモニター写真のように、黒目が少し隠れている場合もごく軽度の眼瞼下垂と言えます。
このような場合は、「切らない眼瞼下垂」治療で改善することができます。

では、治療前と治療後の写真を経時的に紹介します。

上記:治療前。一重で厳密はごく軽度の眼瞼下垂と言えます。

上記:切らない眼瞼下垂治療直後

上記:切らない眼瞼下垂治療1日後

上記:切らない眼瞼下垂治療4日後

上記:切らない眼瞼下垂治療8日後

上記:切らない眼瞼下垂治療1か月後

上記:切らない眼瞼下垂治療3か月後

切らない眼瞼下垂治療は、埋没法の延長線にあるような治療なので、埋没法と同じような経過を辿ります。
すなわち、大まかな腫れは1週間程度で引きます。

二重の幅ももちろん希望通りにできます。
今回のモニターのかたは、控えめの二重が希望でしたので、そのようにしました。
男前がさらに男前になったと思います(笑)

ちなみにモニターは当社の男性カウンセラーです(笑)

切らない眼瞼下垂治療については
船橋中央クリニック、青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院
切らない眼瞼下垂治療専門ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

 

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/07/30

院長ブログトップ > 下眼瞼手術、術後のアッカンベーについて

下眼瞼手術、術後のアッカンベーについて

下まぶたのたるみが強い場合は、脂肪をとっただけ(下眼瞼脱脂手術)では、きれいに治すことはできません。
また、ヒアルロン酸注入のよる改善も限界があります。
 

下まぶたのたるみが重度の場合は、やはり皮膚切開と骨膜固定を伴なった目の下のたるみ取り手術をおすすめします。

上記:治療前の状態です。皮膚の強いたるみを伴うこのような目のクマは、重度のたるみに分類されます。

上記:術後1週間後の抜糸時の状態です。

 重度のたるみに対して当院の皮膚切開と骨膜固定を伴う目の下のたるみ取り手術を行った場合、このように下まぶたが外反(がいたん)状態になることがあります。
いわゆる
アッカンベー状態です。こういうケースは20%程度は起こり得ます。
ただ、心配しなくても大丈夫です。おおよそ術後1か月以内で
アッカンベーは治ります。 

上記:目の下の手術結果に非常に満足してくださり、別の治療を希望されたときの状態です (術後約1年半)。

(当たり前ですが)術後のアッカンベー状態は治っています。 
たるみも写真加工したんじゃないか、と思うくらい消えていますね(笑) 

今回ご紹介した写真のように目のクマもたるみが重度の場合は、皮膚切開と骨膜固定を伴う目の下のたるみ取り手術をおすすめします。 

※ちなみにこの記事を書くにあたり、「アッカンベー」という言葉をwikiって見たところ、「あかんべえ」とも記述し、 落語の落ちに使われることもあり、「悪漢(あっかん)」わる者やならず者に向けた侮蔑的な意味を表す言葉であるという説もあるそうです(豆知識に!) 。

 

目の下のたるみ取り手術については
船橋中央クリニック、青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院
目の下のたるみ取り手術専門ページ」もご参照ください。

 美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/07/02

院長ブログトップ > ヒアルロン酸注入で「目の下のくま」治療

ヒアルロン酸注入で「目の下のくま」治療

現在日本国内で美容治療目的で使用されるヒアルロン酸は、非常にたくさんの種類が出回っています。
ただし、厚生労働省に認可承認されているのは、日本アラガン社のものだけです。

当院では部位によっては日本アラガン社以外のヒアルロン酸を使用することもありますが、現在の顔のしわ・たるみ治療に関しては、日本アラガン社のジュビダームシリーズが最も優れているので、これを使っています。

また、最新のジュビダームの「ジュビダームボリフト」、「ジュビダームボリューマ」の持続期間は1.5年~2年と非常に長く、かつ凹凸になりにくく滑らかに仕上がります。もっとも、製品より医師の技術が何よりも大事ですが(笑)

では今回は、ヒアルロン酸注入でも最も難易度が高いと言われている目の下のくまの症例をご紹介します。
目の下のヒアルロン酸注入は凹凸になりやすく、医師の技術を要するため、注入しない(注入できない)医療機関(美容皮膚科・美容外科)も多いのが現状です。

それではモニター写真です。

上記:ジュビダームボリフト・ボリューマ治療前(ヒアルロン酸注入)。上から正面、右斜め、左斜めの画像。

上記:ジュビダームボリフト・ボリューマ治療直後。上から正面、左斜め、右斜めの画像。

上記:ジュビダームボリフト・ボリューマ治療1週間後。上から正面、左斜め、右斜めの画像。

直後からもちろん改善していますが、1週間は針跡の赤みもなくなって非常にきれいになっていますね。
ちなみにこれは私ではなく、当院の曽山先生によって行われた施術でした!

 

目の下のヒアルロン酸注入については
船橋中央クリニック、青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院
目のクマ専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
 
元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/03/12

院長ブログトップ > 涙袋、プチ整形で大満足!

涙袋、プチ整形で大満足!

3月は美容整形の最盛期です!4月から、新しい生活に変わるかたが多いからです。
その中でもやはり、目の整形が一番人気です。

今回ご紹介する涙袋もヒアルロン酸を注入するだけのちょっとした目元の整形(プチ整形)なのですが、患者自身の満足度が非常に高い治療です。
ヒアルロン酸注入なのでダウンタイムもほとんどなく、周囲にばれることはありませんよ。
それでは、涙袋のヒアルロン酸注入のビフォーアフターをご紹介します。

上記:涙袋のヒアルロン酸注入の治療前

 

上記:涙袋のヒアルロン酸注入の治療後

 

何かが劇的にかわったことわけではありませんが、ちょっとしたことで目元は華やかになります。

涙袋形成(涙堂形成)については
船橋中央クリニック「涙袋形成(涙堂形成)専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「涙袋形成(涙堂形成)専用ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

 元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/02/19

院長ブログトップ > 目頭切開、二重まぶた手術の5年後

目頭切開、二重まぶた手術の5年後

先週に続いて今週も二重と目(目頭切開)のモニター様のご紹介です。 

今回は、5年後に経過を見せに来ていただたいモニターです。 

それでは、二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開手術を受けたモニター様をご紹介します。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術前

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)で脂肪を取り出しているところ

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約1か月

まだ少し腫れているのと、目頭切開の傷跡に少し赤みがあります。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約3か月

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約7か月

 そしてその時にご記入いただいたアンケートが下記です。  

そしてこの患者様が、5年後に別の治療で来院された際に目元の写真も再度撮影させていただきました。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約5年後

手術を受けたときは18歳だった少女が、23歳になってメイクもすっかり大人の女性になっていました(笑) 

5年後も結果に満足しているというお言葉をいただいたことが、何よりも僕にとってはうれしかったです。 

二重埋没法・目頭切開法については
船橋中央クリニック「二重埋没法専用ページ」「目頭切開法専用ページ」
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「二重埋没法専用ページ」「目頭切開法専用ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

 元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/02/12

院長ブログトップ > 腫れが凄く出てしまった二重埋没法の例

腫れが凄く出てしまった二重埋没法の例

今回は二重埋没法(脂肪除去付き)のモニター様で、手術直後に腫れが強く出てしまった例をご紹介します。
埋没法でも手術直後は、強弱はありますが必ず腫れが出ます。
だいたい1週間くらいのダウンタイム(大まかな腫れが引くまでの期間)があることは、手術前に説明しております。
腫れというのは、術直後に二重の幅が希望の2倍くらいになってしまう状態です。
では今回は、腫れが凄く出てしまった二モニター様をご紹介します。

上記:術前の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)直後の状態です。

これは術直後腫れが強く出てしまった症例ですが、このように腫れが強く出る場合は稀ですが、稀でも強く腫れが出る可能性がある要因としては、
➀希望の二重幅が広い
②蒙古ヒダが張っている
③々の目が腫れぼったい
などです。
今回は希望の二重幅は標準的でしたが、②と③の要因で腫れが強く出てしまったと考えます。
それでは経時的な変化をご紹介します。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後1週間の状態です。

1週間だとまだ糸による皮膚の食い込みがはっきりあります。
1週間で極端な腫れが引きますので、大まかのダウンタイムは1週間と説明しております。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約1か月の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約1か月の状態です。
1か月で糸による皮膚の食い込みはだいぶ目立たなくなり、腫れも引いていますが、二重の幅はまだ気持ち広いです。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約3か月の状態です。

完成の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約6か月の状態です。

 3か月の状態と二重の幅はかわりません。
皮膚の食い込みや跡は、完全になくなっています。

最後に、このモニター様にご記入いただいたアンケートです。


 

20歳代 女性 千葉県船橋市

1、施術を受けたきっかけは?
アイプチやメザイクでは、二重にならなかった為。

2、このクリニックを選んだ理由は?
家から近いのと、永久保証があった為。

3、カウンセリングの感想は?
丁寧だった。

4、施術の内容、痛みは?
脱脂・埋没/痛みは治療後1日/腫れがひくのに1週間。

5、施術当日の様子は?
普段通りの生活。

6、施術後の経過は?
腫れが1週間続き、2週間で自然になった。

7、アフターケアの内容と感想は?
モニター希望の為、1か月、3か月、6か月で通った為不安なし。

8、施術結果に対する感想は?
色々と対応していただき満足している。あとは、今後の経過次第。

9、メッセージをどうぞ。
もっと早く施術を受ければ良かったと思った。また機会があればよろしくお願いします。

 

今回は腫れが凄く出てしまった、二重埋没法の例をご紹介しました。
腫れが強く出てしまった場合は僕も申し訳ない気持ちになりますが、最終的に必ずご希望の二重の形になります。
腫れている期間は不安になることもあると思いますが、僕の言葉を信じていただきたいと思います。

二重埋没法については
船橋中央クリニック「二重埋没法専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「二重埋没専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/10/16

院長ブログトップ > 糸で留める「切らない眼瞼下垂手術」

糸で留める「切らない眼瞼下垂手術」

糸で留める「切らない眼瞼下垂手術」が好評です。

軽度な眼瞼下垂は、今では糸で留める手術で治療が可能です。
二重瞼治療でよく行われる埋没法に少し手を加えただけの手術なので、治療時間も20分程度で埋没法と同様に腫れない点が最大のメリットです。

では早速、糸で留める「切らない眼瞼下垂手術」を受けたモニター患者様をご紹介します。

上記:切らない眼瞼下垂手術、治療前

上記:切らない眼瞼下垂手術、治療後約1か月

治療前は二重のラインが浅く、目を見開くと眉が上がってしまう癖がありましたが、治療後は眼瞼下垂が改善するため、目を大きく開くのが楽になります。
額や眉間のしわ予防にもなります!

モニターさんにもご満足していただけたようです。モニターのかたのアンケートです。

20歳代 女性 東京都新宿区

1、施術を受けたきっかけは?
もともとまぶたが開けにくく、黒目が見えないのとおでこのシワがいやで。

 2、このクリニックを選んだ理由は?
知人のDrがいたので。

3、カウンセリングの感想は?
きちんとお話ししてくれました。

4、施術の内容、痛みは?
違和感はありましたが、痛くはなかったです。すぐ終わりました。

5、施術当日の様子は?
とくに待ったりはしませんでした。

6、施術後の経過は?
2日くらいまぶたが重かったですが、とくに目立ちませんでした。

7、アフターケアの内容と感想は?
問題ありませんでした。

8、施術結果に対する感想は?
目が大きくなりました。

9、メッセージをどうぞ。
またよろしくお願いします。

 

「切らない眼瞼下垂手術」については
船橋中央クリニック切らない眼瞼下垂専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院 切らない眼瞼下垂専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/08/14

院長ブログトップ > まだ間にあいますよ、夏休み中に二重まぶたに!

まだ間にあいますよ、夏休み中に二重まぶたに!

美容外科での二重まぶた手術は、最も人気の治療の一つです。

当院の二重まぶた手術は、まず埋没法をおすすめしております。

埋没法は腫れが少ないことが最大のメリットで、1週間程度で腫れが引きます。

ですので夏休み中に二重まぶたにしたいなら、今ならまだ9月に腫れが引いた状態で学校生活を迎えることができます!

上記:二重まぶた埋没法治療前

上記:二重まぶた埋没法治療後

従来の埋没法は糸が外れて元に戻ってしまうという欠点がありますが、当院の埋没法(マイクロカット法)は、非常に外れにくいのが特長です。

腫れも1週間程度です。

このモニター患者様にも満足していただけました。

・20歳代 女性 埼玉県さいたま市大宮区在住
「初めての手術で不安でしたが、やってみるとそれほど痛いこともなく、
手術後の痛みも1日でおさまり楽になりました。
毎日のメイクもしやすくなって助かりました。」

 

二重まぶた埋没法については
船橋美容HP「二重埋没法ページ」
青山美容HP「二重埋没法ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/06/05

院長ブログトップ > ブロウリフトで若い頃の目に!

ブロウリフトで若い頃の目に!

「若い頃の目に戻したい」という希望が多いのですが、この場合安易に二重まぶたの幅を広くしても、分厚い皮膚が乗った不自然な二重になりがちです。
この場合おすすめするのが、ブロウリフト(brow lift;眉下切開による引き上げ)です。
根本的な要因である皮膚のたるみを眉の下で除去し、まぶたを引き上げる手術です。
まぶた切開手術ですが、腫れは1週間程度です。
早速モニター患者様をご紹介します。

上記:ブロウリフトの治療前

目じり側のまぶたのたるみで目じりが下がり、目の形が三角になっています。

上記:ブロウリフト手術後3日目の状態です。

眉下切開手術後の腫れはこの程度です。

上記:ブロウリフト手術後8日目の状態で、抜糸直後です。

一週間もすれば腫れは気にならない程度になります。

上記:ブロウリフト手術後約1か月の状態です。

腫れを完全に引き、二重がぱっちりになっています。
目じり側の瞼のたるみは解消されていますね。

角度を変えてよく見ると更にわかりやすいです。

上記:左側が手術前、右側がブロウリフト手術後です。

上記:同様に左側が手術前、右側がブロウリフト手術後です。

まだ1か月の状態なので、傷が少しわかりますが、さらに時間が経つと眉下の傷跡は目立たなくなります。

上記:ブロウリフト手術後約5か月の状態です。

眉下の傷跡はほとんどわからない状態になっています。

以上、ブロウリフト(brow lift;眉下切開による引き上げ)のモニター写真のご紹介でした。ブロウリフトは若かった頃の自然な二重に戻す治療です。
切開治療の場合、不自然になるという先入観を思いがちですが、決してそうではなく、埋没法と比較してもより自然な二重に最終的に仕上がります。

最後にこのモニター様がご記入なさったアンケートです。

・習志野市 60歳代 女性 ブロウリフト手術

「上瞼が垂れ下がり、とても不愉快な思いでの生活でした(視野もせまく)。
他院で二重の手術をしましたが変わることもなく、船橋中央クリニックさんを訪ねました。
手術の箇所が眉毛の中を切っていただいたら二重もハッキリして、
早く知っていれば不愉快な思いを長い間しないで済んだのに・・・・・。
今では目元パッチリで満足感たっぷりです。
ありがとうございました。

ブロウリフト(眉下切開)については
船橋美容HP「上まぶたのたるみ取り・ブロウリフト」
青山美容HP「上まぶたのたるみ取り・ブロウリフト」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/02/13

院長ブログトップ > 変身シーズン到来!

変身シーズン到来!

学生さんにとっての一番の変身シーズンがやってきました!

この2月中旬から3月末までは、学生さんにとって大きな転機を迎えることが多く、このタイミングを利用してついでに顔の変身治療も受けられるかたが多いのです。

美容外科治療にどうしても「腫れ」が伴います。

ヒアルロン酸などの注射治療を除けば、美容外科治療はたいてい少なくとも1週間の腫れが現れます。治療によって腫れの程度は違いますので、治療を検討されるかたは逆算して早めのご予約ご相談をおすすめします。

では、今回は二重治療と目頭切開を受けて大変身したモニター様をご紹介します!

上記:二重治療と目頭切開治療前の状態

上記:二重埋没法(脂肪除去)と目頭切開後約1か月

上記:二重埋没法(脂肪除去)と目頭切開後約3か月

目元を変えるだけでこんな大変身も可能です!

治療には必ず「腫れ」「ダウンタイム」を伴いますので、是非早めにご予約をしてくださいね。

 

二重治療については、
船橋美容HP
「二重埋没法」
「目頭切開」

青山美容HP
「二重埋没法」
「目頭切開」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/10/17

院長ブログトップ > 片目の生まれつきの眼瞼下垂

片目の生まれつきの眼瞼下垂

開眼時にまぶたが十分に開かず、開眼しても黒目が一部まぶたに覆われている状態を「眼瞼下垂」と言います。眼瞼下垂の原因はさまざまですが、加齢による変化や長期間のコンタクトレンズなどが主な原因とされています。そのような経年変化による眼瞼下垂(後天性眼瞼下垂)のほかに、生まれつきの眼瞼下垂(先天性眼瞼下垂)というものがあります。
先天性眼瞼下垂の症状が強い場合は、幼少期に治療を受けられる場合が多いのですが、中等度程度であっても治療せずに成人されているかたはけっこういますね。
今回ご紹介するモニターは片目だけの生まれつきの眼瞼下垂です。

上記治療前:右目の瞼の開きが弱く、明らかな左右差があります。(平成28年12月14日)

今回はまぶたを切開する挙筋前転法による手術で治療を行ないました。

上記治療直後:意外と腫れていません。明らかなに右目の開眼が改善していますね。(平成28年12月14日)

上記手術後2日後(平成28年12月14日)

上記手術後2日後の閉眼時で糸がまだ付いています。(平成28年12月21日)

上記手術後7日後の抜糸直後(平成28年12月14日)

上記手術後7日後の抜糸直後の閉眼時。(平成28年12月21日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約1か月(平成29年1月15日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約4か月(平成29年4月4日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約8か月(平成29年7月29日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約8か月の閉眼時(平成29年7月29日)

最終的に少しの左右差は残っていますが、かなり改善しているのがわかると思います。
患者様に喜んでいただけました!
以下患者様に書いていただいたアンケートです。

24歳代 男性 千葉県松戸市

1、施術を受けたきっかけは?
目の開きが悪く、顔の印象がよくなかった。

2、このクリニックを選んだ理由は?
ネット上の口コミ、レビュー。

3、カウンセリングの感想は?
100%希望通りになるとは限らない、リスクについて十分に説明を受けた。

4、施術の内容、痛みは?
痛みはわずか。1時間20分程度。

5、施術当日の様子は?
施術後は禁止事項や今後の注意すべき点について、十分なせつめいを受けた。

6、施術後の経過は?
施術後半年ほどで、当初の希望通りの結果を得られた。

7、アフターケアの内容と感想は?
目が開くまで時間を要する点について、十分説明を受けた。

8、施術結果に対する感想は?
非常に満足している。

9、メッセージをどうぞ。
全体を通して非常に満足で、また利用したい。

眼瞼下垂については
船橋中央クリニック眼瞼下垂専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院 眼瞼下垂専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/08/01

院長ブログトップ > 下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたのたるみが強い目元をバギーアイ(baggy eye)と言います。

僕はこのバギーアイ(baggy eye)の治療を得意としております。

今回の年齢にしてはバギーアイの程度が重度の59歳のモニター写真を紹介します。

上記:治療前の状態です。

目の下のたるみと脂肪のふくらみが重度の状態です。

このような場合でも皮膚を切開しない経結膜的脂肪除去を行なうことも可能ですが、ベストの治療は、①目の下を切開し、皮膚をたるんだ皮膚を除去、②脂肪を除去、③たるんでいる眼輪筋を釣り上げて骨膜に固定する手術(目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術)です。

上記:治療後1週間の状態です。

目の下の皮膚が少し反転し、結膜が赤くなっています。

この程度の腫れと皮膚の反転は現れる場合が多いです。

上記:【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】手術後6か月の状態です。

すっかり腫れもなくなり、治療前の重度のバギーアイ(baggy eye)は改善しています。

今回のような皮膚を切除する目の下のたるみ取り手術では、治療前に傷跡を気にされて手術を受けることを躊躇するかた多くいますが、目の下の傷は手術の技術によりほどんど傷跡がわからなくなります。

上記:手術後6か月でメイクを落とした目の下のアップの写真ですが、ほぼ傷跡がわからないと思います。

このように傷跡はわからないくらいになりますので、心配する必要はありません。

バギーアイ(baggy eye)の治療方法はたくさんありますが、今回のモニター様のような重度の場合は、今回ご紹介した【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】がベストです。

最後に今回のモニター様のアンケートをご紹介します。

草加市 50代 女性

手術内容 ブロウリフト手術、下瞼たるみ取り、下瞼脂肪除去手術(骨膜固定)

姉の紹介でこちらの病院を知りました。
以前から目の周りの老化が気になっていたが、知らない病院へ行くことに不安がありました。
姉が2、3年前にこちらの病院でまぶたをすっきりさせていて、私も・・・と何か月か考えて
いましたが、来院して説明を聞き先生に手術をして頂きました。
主人や職場の人から目の周りがすっきりしたと評判がよく、自分でも気持ちが明るくなりました。
ありがとうございます。
傷あとも気にならなくなり、満足しています。

患者様にご満足していただけたことが何よりもうれしいです!

 

バギーアイ(baggy eye)の治療方法については美容HP
船橋中央クリニック「目の下のたるみ」
青山セレスクリニック「目の下のたるみ」
をご覧ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック青山院
埼玉・青山セレスクリニック川口院

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/06/20

院長ブログトップ > 驚異的な変化「目頭切開+二重まぶた埋没法」②

驚異的な変化「目頭切開+二重まぶた埋没法」②

先週のブログ記事の反響が大きかったので、同じモニターについて更に詳細に時系列で今回は紹介しますね。

治療前の状態です(平成23年3月28日撮影)。
まずは二重まぶた治療として、二重瞼埋没法+脂肪除去(脱脂)を行ないました。

治療後約1か月の状態です(平成23年4月30日撮影)。
目を閉じると、まぶたに跡がまだ少しあります。

治療後約4か月の状態です(平成23年8月8日撮影)。
目を閉じたときの跡はもう全くありません。
この後、目をもっと大きくしたいと希望があり、平成25年2月11日に目頭切開を行ないました。

目頭切開手術後2日目の状態です(平成25年2月13日撮影)。

目頭切開手術の抜糸後で術後6日目の状態です(平成25年2月17日撮影)。

目頭切開手術後約1か月の状態です(平成25年3月24日撮影)。
まだ1か月ですが、目頭切開の傷跡はもうあまり目立ちません。

目頭切開手術後約1年7か月の状態です。(平成26年9月20日撮影)
ノーメイクでも傷跡が分からない状態です。

さらにメイクをすると、こんな感じです。

もはや二重まぶた治療前の面影はないですね。

以上、二重瞼埋没法と目頭切開だけで別人のように綺麗になったモニターのご紹介でした!

船橋美容HP「二重埋没法」「目頭切開」
青山美容HP「二重埋没法」「目頭切開」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/06/13

院長ブログトップ > 驚異的な変化「目頭切開+二重まぶた埋没法」

驚異的な変化「目頭切開+二重まぶた埋没法」

自分(元神賢太)で手術を行いながら、その驚異的に変化、すごくきれいになった変化に驚くことが時々あります。
今回そんなモニター患者様をご紹介します。

上記治療前の状態です。

治療前は完全な一重まぶたのために眼瞼下垂ぎみです。
他のクリニックでは「眼瞼下垂のため埋没法では治療できません」と診断され、「眼瞼下垂修正手術」をすすめられてしまうケースです。
当院ではこういった眼瞼下垂ぎみの状態でも。埋没法で治療できます!

上記治療後の状態です。

二重瞼まぶた埋没法(脂肪除去付き)のあとに、目頭切開を行ないました。
目の2つに比較的ダウンタイムが少ない短時間の治療でここまできれいなりました。
アフターの写真はノーメイクです。
目頭切開の傷跡もほとんどわかりませんね。

患者様にも喜んでいただけました。

それではアンケートです。

  1. 施術を受けたきっかけは?
    一重がコンプレックス。化粧をしてもうまくいかない。
  2. このクリニックを選んだ理由は?
    近親者がホクロの施術をしたことがきっかけ。
  3. カウンセリングの感想は?
    変われるなら変わりたいと思った。自分のコンプレックスをなくせば、もっと楽しくなれると思った。
  4. 施術の内容、痛みは?
    痛みは術後1日は特に痛かった。痛みがすごくて寝つくのがやっと。鎮痛剤がなかったら耐えられなかったかも。
  5. 施術当日の様子は?
    目だから術中はこわかった。すごくドキドキでした。麻酔が痛かったくらいです。
  6. 施術後の経過は?
    一週間はサングラスなしでは外出できなかった。
  7. アフターケアの内容と感想は?
    看護師さんたちは来院するとていねいに対応してくださったり、いつも先生に聞きたいことはありませんか、と声をかけてくださってやさしかったです。
  8. 施術結果に対する感想は?
    二重施術してまわりからきれいになったね、と言われるようになりました。メイクも楽しくて出かけるのが楽しいです。
  9. メッセージをどうぞ。
    最初のうちは変わったねと言われ続けていたけれど、今では誰も言わなくなり、何も気にせず生活できるようになりました。

ありがとうございました。

船橋美容HP「二重埋没法」「目頭切開」
青山美容HP「二重埋没法」「目頭切開」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/03/28

院長ブログトップ > 軽度の眼瞼下垂は埋没法で治ります!

軽度の眼瞼下垂は埋没法で治ります!

1年で最も二重まぶた治療が多いのは、この3月です。

なかでも埋没法が多く、1年の最盛期です。
昨日も今日も1日3~4名の治療を行ないました。
明日も同様に予約をいただいております。

当院で最も多い施術がこの埋没法です。
脂肪除去も同時に受けられるかたが多く、今回ご紹介するモニター様も脂肪除去を行いました。

それではモニター写真をご紹介します。

術前

術前の状態です。

軽度の眼瞼下垂があります。
眼瞼下垂とは、開眼しても上まぶたの皮膚が目に被さり、いわゆる黒目が一部瞼に隠れてしまっている状態です。

多くの美容外科では、この程度の眼瞼下垂で、「埋没法はできない。埋没法が受けると眼瞼下垂が悪化する」などと説明して、眼瞼下垂を修正する手術をすすめることが多いようですが、僕が言わせますと、そのドクターはよほど経験がないのではないか、と思ってしまいます。

「軽度の眼瞼下垂は埋没法で治ります」で僕は断言します。

脱脂

手術中脂肪除去をしている際中。

術後

埋没法と脂肪除去手術の術後約6か月の状態です。

閉眼

術後約6か月で閉眼した状態(跡は残りません)

埋没法だけで黒目も大きくなり、目もぱっちりしました!

埋没法については
船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。 切らない眼瞼下垂については
船橋美容HP「切らない眼瞼下垂
青山美容HP「切らない眼瞼下垂」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/01/10

院長ブログトップ > 男性の二重まぶた整形治療

男性の二重まぶた整形治療

男は一重でもかっこいいということはよくありますが、一重まぶたのほうが人相が悪く見えるというのは一般的と言えます。

男性で二重瞼の希望の来院患者様で多い相談は、このように「人相をよくしたい」という相談です。

今回ご紹介するモニター患者様はそのための手術を受けたか定かではありませんが、写真のbefore、afterを見る限り確実に人相はよくなりましたね。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%89%8d上記:治療前

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e9%96%8b%e7%9c%bc上記:二重まぶた埋没法(マイクロカット法)+脱脂(脂肪除去)治療後6か月の状態

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%9b%ae%e3%82%92%e9%96%89%e3%81%98%e3%82%8b上記:同じく治療後6か月の閉眼状態。


治療の跡も全くありません。

当院ではこのように軽度の眼瞼下垂がある場合でも埋没法をすすめています。

それは当院で行っている埋没法では、瞼の開きも改善するからです。

最近他院で「切らない眼瞼下垂手術」と称して、あたかも特別な治療ができると宣伝しているクリニックを見かけますが、そういった宣伝文句に惑わされないようにしてくださいね。

上記のモニターのように埋没法でも開眼は改善しますので。

 

最後に患者様のアンケートです。
20代男性 柏市在住
埋没法二重瞼手術(2点留めマイクロカット法)・上瞼脂肪除去手術

「腫れが引いて希望の二重になることができました。
手術後も親身に対応していただき、感謝しております。」
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
二重まぶた埋没法については
船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/11/08

院長ブログトップ > 目の下のクマ・たるみに対してのベストな治療法とは?

目の下のクマ・たるみに対してのベストな治療法とは?

目の下のクマ・たるみの治療方法には、さまざまな方法があります。

手術を積極的に行わない施設(できない施設)では、ヒアルロン酸やPRPなどをすすめてくるかもしれません。
または、脂肪除去したうえで、脂肪注入するという方法をすすめる施設もあるかもしれません。

もちろん、上記のいずれの方法も間違った方法ではなく、僕も行なうことはありますが、ベストの治療方法とは言えないと考えています。
目のクマやたるみの根本的な原因というのが、皮膚のたるみと筋膜の緩みから起きているからです。

ですので、患者様が切開する手術を覚悟した場合、ベストな治療法方法というのは、筋膜の緩みを除去したうえで、皮膚のたるみを除去する手術がベストな治療方法と言えます(僕の考えですが)。

それでは、目の下のクマ・たるみに対して僕が皮膚を切開する方法で脂肪除去・眼輪筋除去・眼輪筋の骨膜固定・皮膚切除を行なったモニター患者様を紹介します。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%89%8d上記写真:40代女性、目の下のたるみ除去手術の手術前

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%92上記写真:手術で除去した脂肪と皮膚

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%be%8c上記写真:手術後3か月の状態

皮膚の切開部位は下まつ毛の生え際ですが、手術後に傷跡が目立つということはありません。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%8f%b3%e7%9b%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97上記:手術後3か月のアップ写真ですが、切開部位はどこなのかわからないくらい傷跡がきれいになっています。

このように目の下のクマ・たるみのベストな治療方法は、皮膚のたるみ除去・筋膜の固定を伴う切開方法と断言できます。
もちろん患者様が皮膚を切開することに抵抗がある場合、ヒアルロン酸注入や経結膜的脂肪除去を行なうことはあります。

船橋美容HP「目の下のたるみ」
青山美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/08/02

院長ブログトップ > 二重埋没法の跡がまぶたに残るか?

二重埋没法の跡がまぶたに残るか?

切開せずにまぶたの皮膚の表側と裏側の結膜を糸で縫合することで、二重まぶたを完成させる手術方法を「二重まぶた埋没法」または、単に「埋没法」と言われています。一方で、瞼を切開して二重まぶたを完成させる方法を「二重まぶた切開法」または「切開法」と言います。

私の考えとしては、基本的に二重まぶたは切開法ではなく、埋没法で作るべきだと考えています。埋没法のほうがより自然なラインになるからです。埋没法は、確かに「糸が外れて元に戻ってしまう」可能性がゼロではありませんが、私が行っている方法では、ほとんど外れることはありません。

また、埋没法がまぶたの跡が残るから治療したことが「バレる」などと言われることもありますが、私の行う埋没法ではそういう跡は残りません。

それでは、二重まぶた埋没法とまぶたの脂肪除去(脱脂)を受けたモニター患者様をご紹介します。

 

二重まぶた治療前

治療前

 

二重まぶた脂肪除去

治療途中、脂肪除去を行なっている過程

 

二重まぶた治療後

 

二重まぶた埋没法と脂肪除去手術後6か月(メイクなし)

 

二重まぶた治療後 閉眼

 

同じく手術後6か月で、目をつぶった状態(メイクなし)

糸の跡などの全く跡はなく、自然な二重のラインになっています。

 

二重まぶた治療後メイク

 

メイクをした状態

やはり女性はメイクをすると美しさが倍増しますね(笑)

 

「埋没法は、目をつぶるとバレる」とネット上では事実と異なる情報が散見されることから、今回は決してそうではないという反論の記事を書きました。

もちろん「下手な手術結果では、バレます」(笑)。

私が行う埋没法は、「自然でバレない二重まぶたになります」ということだけ強調いたしますね。

 

最後に上記モニター患者さまが書いてくださったアンケートです。

凄く満足していただけたようで、私もうれしいです。

X様(20代 女性 東京都)

1、(施術を受けた理由)これまで何年間もずっと、アイプチやアイテープを使用していた。不自然だったり時間もかかるし肌が荒れるのがいやだったので、思い切って埋没法をやろうと思った。

2、(クリニックを選んだ理由)ネット検索で「埋没法」を調べていろんなクリニックを見たが、一番説明がしっかりしているし信頼できそうと思ったから。。

3、(説明を受けた感想)自分に合った施術をすすめてくれた。自分一人だけでは全くわからないものなので、親身に相談にのってくださって助かりました。

4、(施術の内容、痛み、時間)埋没2点マイクロカットと脂肪除去。時間はあっという間だったと思う。痛かった。というよりも怖さがすごかった。

5、(施術当日の様子)カウンセリング予約の当日に、こわかったがすぐやってしまいたいと思い、その日のうちに施術しそのまま帰宅。とにかく流れが早かった。

6、(施術後の経過)施術直後は腫れと内出血がすごくて、外には出られなかった。3日後から化粧とめがねでカバーしてどうにか過ごした。2週間しないくらいには腫れはほぼなくなり、困ることも特にはなくなった。

7、(アフターケアの内容と感想)施術後の様子を軽く診てもらった。とにかくあっさり終わった。

8、(施術結果に関する感想)出来上がりがとにかくきれい。傷跡が一切残っていない。家族にも全く気付かれていない。驚くほど。

9、(メッセージ)カウンセリングがとにかく丁寧で、すごく嬉しかった。施術のことのほか、支払いに関してもすごく助かりました。

アンケート_012

 

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/05/03

院長ブログトップ > 下まつ毛の逆さまつ毛治療

下まつ毛の逆さまつ毛治療

まつ毛が生える方向は通常目の外側方向なのですが、逆さまつ毛とは目の内側方向にまつ毛が生える状態です。医学用語では睫毛内反症(しょうもうないたんしょう)と言います。上まぶたの逆さまつ毛の場合、少し狭めの二重まぶたを作ることで治療できます。今回は、下まぶたの逆さまつ毛治療についてご紹介します(下眼瞼睫毛内反治療)。
下眼瞼睫毛内反症の場合は、上眼瞼と違って、皮膚を切開する必要があります。下まつ毛の生え際に沿って皮膚を切開します。この切開は、ちょうど下まぶたのたるみ治療の場合の切開線と同じです。皮膚と眼輪筋をわずかに切除し、瞼板(けんばん)に到達します。この瞼板と皮下組織を縫合し、まつ毛の方向が外側になるように矯正します。あとは、皮膚を縫合して手術が終了します。手術時間は両目で1時間弱です。目頭側の内反が強い場合は、合わせて目頭切開手術も行うこともあります。
それでは、僕が行った下眼瞼睫毛内反治療のモニター患者さんのビフォーアフターをご紹介します。

逆さまつげ治療前右

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

逆さまつげ治療後右

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後

逆さまつげ治療前左

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

逆さまつげ治療後左

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
治療後では下まつ毛が外側方向を向いており、内反が治っています。

ちなみに手術直後はこのような状態です。

逆さまつげ治療直後

上記:下眼瞼睫毛内反治療直後の状態です。

逆さまつげ治療後

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
傷跡は目立ちませんのでご安心ください。

最後にモニター患者様のアンケートです。
逆さまつげ患者様アンケート

「女性 20代
手術内容:下まつげの逆さまつげの治療
カウンセリングから術後まで、元神先生が経過を見て下さり、安心しました。術後まつげが元に戻ることもなく、手術後もほとんど目立ってないので手術してよかったです。」

以上、今回は下まぶたの逆さまつ毛治療(下眼瞼睫毛内反治療)についてでした。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
お電話でのご予約、ご相談はこちらから お電話でのご予約、ご相談はこちらから
0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです! 0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです!

当院は開設15年の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)、埼玉川口院:埼玉県川口市栄町(JR川口駅東口、そごう隣接)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、都内屈指の症例数がございま す。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せく ださい。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

メニューを閉じる

メニューを開く

LINEで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。

フリーダイヤルで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。