BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

「自然な手触り」についての記事まとめ

2019/03/19

院長ブログトップ > アクアフィリングが最善の豊胸である理由

アクアフィリングが最善の豊胸である理由

どんな美容外科治療にもプラスの側面があれば、マイナスの側面があります。

当院で最も多く行われているフェイスリフト手術であれば、切開を伴うので、傷跡が消えることはなく、傷跡がマイナスの側面と言えます。
ただ、プラスの側面がマイナスの側面よりよほど大きければ手術を受ける価値がありますし、それだからこそ僕も手術をすすめることもあり、実際に患者様は手術を選択されます。
フェイスリフト手術の場合は、圧倒的にたるみが改善され、若返るというプラスの側面があるのです。

患者様自身もプラスの側面とマイナスの側面を天秤にかけて、実際に手術や治療を選択するのがいいと思います。
先ほどの例であれば、絶対に顔の皮膚に傷を付けたくないということでそのマイナスの側面がご本人にとってはとてつもなく大きければ、マイナスの側面がプラスの側面に勝ってしまい、フェイスリフト手術を受ける意味がなくなります。

このプラスの側面とマイナスの側面の観点から、今回はアクアフィリング豊胸について話したいと思います。

アクアフィリング豊胸のプラスの側面は、圧倒的にその見た目と触った感触が自然という点です。
治療を受けたご本人でさえご自分の胸を触っても、どこからがアクアフィリングでどこからかご自分の元々の乳腺や脂肪なのか、区別がつかなくなります。
ほかの豊胸治療では極めてうまくいった脂肪注入がこれと同じ結果が得られますが、脂肪注入豊胸ではバストをあまり大きくできないことと、脂肪吸引というかなりダウンタイムがある治療を一緒に受ける必要があるという、大きなマイナスの側面があります。

では、アクアフィリング豊胸のマイナスの側面について話します。

それは、稀に強い炎症を起こすケースがあることです。
この強い炎症というのは、術後1週間から起こることがあります。これは事前に予想不可能ですが、今まで一度も豊胸治療を受けたことがないかたでこの強い炎症が起こる可能性は1%以下です。過去にバッグの豊胸治療を受けたことがあるかたはこの可能性が少し上がります。
強い炎症が起こった場合は、1か月のうちに数回通院が必要になります。通院で行う治療は、炎症を抑える点滴などです。
ただ、この強い炎症が起こったとしても1か月以内には治まります。この強い炎症について対応の仕方がわからない医師が、アクアフィリング自体を批判していると思われるアナウンスが散見されます。
これについては非常に残念です。炎症への対応の仕方が十分わかっている医師であれば、全く問題ないのです。

以上、アクアフィリング豊胸についてその最も大きなプラスの側面と最も大きなマイナスの側面について書きましたが、これを差し引いてもプラスの側面が大きければ、アクアフィリング豊胸があなたにとっては最善の豊胸治療になります。

豊胸治療についてはいろいろな方法があります。
脂肪注入の豊胸のついては簡単に触れましたが、次の機会では他の豊胸治療のプラスとマイナスの側面についても比較したいと思います。

 

アクアフィリング豊胸については
船橋中央クリニック「アクアフィリング豊胸」
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「アクアフィリング豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/11/27

院長ブログトップ > 豊胸でジェル状充塡剤の規制を求める報道について

豊胸でジェル状充塡剤の規制を求める報道について

豊胸でのジェル状の充塡剤の使用によるしこりや感染症などの合併症が相次いだということで、形成外科医中心のメンバーで構成されている日本美容外科学会(JSAPS)がジェル状の充塡剤の豊胸目的での使用禁止などを盛り込んだ指針をつくることを決める、という報道が先日ありました。

医療法人社団セレスの見解

ジェル状の充塡剤について日本でおそらくトップクラスの量を診療で使用している当方の見解としては、

「しこりや感染症の対応がわからないドクターが、対応に困っているので使用禁止にしてしまおう」

という安易な行動をしているように思えます。確かにジェル状の充塡剤(主にアクアフィリング)は、注入直後においては従来のヒアルロン酸バッグによる手術豊胸と比較すると、感染や炎症が起こる確率は少し高いです。

ただ、仮に起こったとしても、その対応が適切であれば、何ら後遺症や合併症を起こすことなく、良好に経過します。報道にあるように、充塡剤を取り出すような処置を注入して間もない頃には決して行ってはいけないのです。

医療法人社団セレスの対応状況

豊胸のジェル状の充塡剤をたくさん使用しているドクター同士で集まって勉強会を開いたり、先行して取り扱い量が格段に多い韓国に出向き、現地のドクターに教わったりしたことで、こういった感染や炎症の対応への仕方は、当方の施設(青山セレスクリニック、船橋中央クリニック)では完璧に掌握しております。

もちろん治療前には炎症や感染が起こるリスクについては治療希望の患者様にすべてお話しし、事前に同意を得たうえで治療を行っております。

豊胸でのジェル状の充塡剤は従来の豊胸治療と比較して、最も自然な仕上がりになります。当施設としては、今後もこの充填剤のすばらしさについて情報発信を続け、使用を続けます。詳細はアクアフィリング豊胸のページをご覧ください。

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/05/15

院長ブログトップ > 夏に向けてアクアフィリング豊胸が人気です!

夏に向けてアクアフィリング豊胸が人気です!

薄着になりだすこの季節に、毎年ご相談が増えるのが豊胸です。
中でも、当グループが推奨しているのがアクアフィリング豊胸です。
アクアフィリング豊胸は、仕上がりの自然さで最上の豊胸術です。
早速ですが、アクアフィリング豊胸のモニター様をご紹介します。
今回は片側100㏄、両側合わせて200㏄のアクアフィリング注入を行いました。

上記2枚:アクアフィリング豊胸治療前(2018年9月16日)

上記2枚:アクアフィリング豊胸治療直後

上記2枚:アクアフィリング豊胸治療後1週間(2018年9月23日)

上記2枚:アクアフィリング豊胸治療後約3か月(2016年12月12日)

アクアフィリング豊胸治療直後の状態と3か月の状態はほとんど同じですね。
アクアフィリングは直後から腫れもほとんど出ることなく、持続性も5年以上あります。
あらゆる面で最高、最上の豊胸治療といえます。
動画でもその自然な動きがわかります。

モニター様には特別にご協力いただき、動きの自然さがわかる動画を撮りました。
従来の豊胸のように固くなることがないので、このように元々のバストと同じように動きます。

当院のアクアフィリング豊胸については
船橋美容HP「アクアフィリング豊胸」
青山美容HP「アクアフィリング豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/01/30

院長ブログトップ > アクアフィリング豊胸後の動き

アクアフィリング豊胸後の動き

バッグ挿入などの従来の豊胸治療で最も問題だったのが、豊胸治療後のバストの硬さと動きの不自然さでした。
アクアフィリング豊胸をおすすめする最大の理由はその自然さです。
では、モニター患者様をご紹介します。

3か月後の状態も1か月後の状態と変わらずに、大きさが保たれているのがわかります。
ここでモニター様にご協力いただいた1か月目の横になった状態を紹介します。

横たわった際、下側になった胸が重力に従ってしっかり下を向いています。
これはもちろん自然な状態なのですが、バッグ豊胸の場合、このような自然な動きをしない場合もあります。

▼今度は動画です。

バストの動きが非常に自然に動いています。
このようにアクアフィリング豊胸は見た目も動きも、もちろん触り心地も、本当の乳腺組織とかわらない自然さを保つのが、何よりもよいところです。

アクアフィリング豊胸については
船橋中央クリニック美容HP「アクアフィリング
青山セレスクリニック美容HP「アクアフィリング」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/12/12

院長ブログトップ > アクアフィリング注入後半年までの経過

アクアフィリング注入後半年までの経過

今回は最善の豊胸治療「アクアフィリング豊胸」の治療後半年(6か月)までの経過をご紹介します。

上記:治療前(2017年6月15日撮影)

上記:アクアフィリング治療直後(2017年6月15日撮影)

上記:アクアフィリング治療後9日(2017年6月24日撮影)

上記:アクアフィリング治療後約50日(2017年8月3日撮影)

上記:アクアフィリング治療後約6か月(2017年12月9日撮影)

今度は別角度からです。

上記:治療前(2017年6月15日撮影)

上記:アクアフィリング治療直後(2017年6月15日撮影)

上記:アクアフィリング治療後約50日(2017年8月3日撮影)

上記:アクアフィリング治療後約6か月(2017年12月9日撮影)

このモニター患者様は片側の胸に200cc、左右合わせて合計400ccのアクアフィリングを注入しています。
6か月経過しても、変わらず大きさが維持できているのがわかります。

アクアフィリングの持続性は5年~8年と現在は言われています。
統計的には1年に約20%吸収されます。
ですので、注入直後の大きさと比較して1年後は80%、2年後は65%、3年後は51%、4年後は41%、5年後は32%と言った具合です。

見た目の触り心地も非常に自然ですので、アクアフィリング豊胸がベストの豊胸治療です。
そして治療時間も15分程度で、治療後に日常生活に制限はほとんどありません。

アクアフィリング豊胸については
船橋中央クリニック美容HP「アクアフィリング
青山セレスクリニック美容HP「アクアフィリング」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/07/18

院長ブログトップ > アクアフィリングの安全性について

アクアフィリングの安全性について

アクアフィリングを導入していないクリニックの医師が中心となって、その安全性に疑いをかけております。

当院ではアクアフィリングは100%安全という信念をもって、アクアフィリング豊胸を行なっております。
アクアフィリングが100%安全なのは、下記の理由からです。

アクアフィリングは、臨床前試験において発がん性や細胞毒性などを含むすべての項目において、有害性が一切認められませんでした。

アクアフィリングは、7年間506名の臨床試験において、重篤な合併症は一切認められませんでした。

アクアフィリングは、CEマーク(※)を取得しております。
(※)EU加盟国へ製品を輸出する際に安全基準条件を満たしていることを証明するマーク)

もちろん、どんな美容外科治療において合併症は起こり得ます。ただ、アクアフィリングは他のどの豊胸治療よりも合併症が起こる可能性は低いのです。

当院は、アクアフィリングが100%安全という信念のもと、患者様に限らず、当院のスタッフや私個人の親族にもアクアフィリング豊胸を行なっております。

そしてアクアフィリング豊胸を私が一番すすめる理由は、見た目も触り心地も非常に自然だからです。

それでは、アクアフィリング豊胸のモニター写真を紹介します。

上記:治療前

上記:アクアフィリング注入1か月後

上記:アクアフィリング注入6か月後。バストの張りとボリュームをキープしています。

上記:治療前

上記:アクアフィリング注入6か月後

下記、患者様からのアンケートです。

30歳代 女性 千葉県八千代市

1、施術を受けたきっかけは?
産後の胸のしぼみ・たるみが気になったため。

2、このクリニックを選んだ理由は?
インターネット検索でとても信頼できそうだと思い、決めました。

3、カウンセリングの感想は?
丁寧でわかりやすく、とても安心できました。

4、施術の内容、痛みは?
眠っている間に終わったので痛みは感じませんでした。15分くらいで終わりました。

5、施術当日の様子は?
当日はラインから施術が終わるまでは1時間半くらいで、あっという間でした。

6、施術後の経過は?
施術当日はパンパンに胸が張っていましたが、1週間くらいで落ち着きました。

7、アフターケアの内容と感想は?
胸の傷口のテープを貼りかえるくらいでした。大変なことはありませんでした。

8、施術結果に対する感想は?
触り心地もやわらかく、とても満足です。自信が持てました。

9、メッセージをどうぞ。
優しく丁寧に接していただき、ありがとうございました。

アンケートにある「やわらかさ、大きさ、形、全て満足している」、「美容整形に対する概念が大きく変わりました」というお言葉を頂けて、私も非常に嬉しいです。
バストの大きさや形に悩まれている女性にこのブログ記事が読まれ、正しい情報が行き渡ることを切に願います。

アクアフィリング豊胸については
船橋美容HP「アクアフィリング豊胸」
青山美容HP「アクアフィリング豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/05/16

院長ブログトップ > 最善の豊胸治療はアクアフィリング

最善の豊胸治療はアクアフィリング

見た目の自然さ、触った感じの自然さ、ダウンタイムの短さなどあらゆる点でアクアフィリングが現在では最も良い豊胸治療と断言できます。

注射だけの治療ですので、治療時間はわずか15分程度です。

治療後当日の飲酒と運動だけ控えていただくこと以外には、治療後に日常生活にほぼ制限は何もありません。

では、モニター写真をご紹介します。

治療前

治療直後の状態です。

片胸150ccのアクアフィリング注射剤を入れています。

治療後1か月の状態です。

当院のスタッフもアクアフィリング豊胸は受けています。

その触った感触の自然さは実際体験することもできます。

アクアフィリング豊胸については
船橋美容HP「アクアフィリング豊胸」
青山美容HP「アクアフィリング豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

メニューを閉じる

メニューを開く

LINEで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。

フリーダイヤルで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。