投稿日:2024/06/13
(最終更新日:2024/06/13)

【すそわきが(すそが)の治療方法】最善の治し方とは

すそわきがで悩む女性

すそわきがに悩む女性や男性にとって、その治療方法や治療によって本当に効果があるのかは非常に気になることです。ネット上には多種多様な情報が飛び交っており、信頼性のない情報も多く、医学的な知識がない一般の方にとっては真偽を見極めるのは難しいでしょう。このブログ記事では、すそわきが治療に20年以上従事し、常に誠実な診療を心掛けている筆者が、すそわきがの治療方法について詳しく解説します。また、その中でも最善とされる治療方法を紹介し、治療の選択に役立つ情報を提供します。あなたの悩みを解消するために、ぜひ最後までお読みください。

すそわきがの基礎知識

すそわきがの治療方法を紹介するにあたり、各治療方法がどの部位をターゲットにしているのかを明確に理解する必要があります。そのためには、すそわきがの病態についての基本的な知識を持つことが重要です。ここでは、その基礎知識について解説します。

■エクリン汗腺とアポクリン汗腺

皮膚には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺があります。エクリン汗腺は全身の皮膚に広く分布しており、表皮に近い浅い層に存在します。エクリン汗腺から分泌される汗(エクリン汗)は、発汗直後は臭いがありません。

一方、アポクリン汗腺は主にわき、乳輪、陰部に存在し、皮膚の深い層や皮下組織に位置しています。アポクリン汗腺から分泌される汗(アポクリン汗)は、特有の「ワキガ臭」を発します。特に陰部の皮膚はわきや乳輪と比べて厚いため、陰部のアポクリン汗腺は表皮よりもかなり深い層にあります。具体的には、わきのアポクリン汗腺は女性の場合、皮膚の約4mmの深さに集中していると考えられていますが、陰部のアポクリン汗腺は最も深いところで約5mmの深さに位置しているとされています。

■すそわきがのアポクリン汗腺の分布

すそわきがは、陰部のアポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗が原因で発生する特有の臭いが問題となります。このアポクリン汗腺の分布範囲は個人差が大きく、非常に広範囲に及ぶ場合があります。最も広範囲なケースでは、陰部の毛根が存在する範囲全体(元々毛根があった範囲)に広がります。

陰部の永久脱毛を受けて毛根が破壊された後でも、アポクリン汗腺は依然として残っているため、永久脱毛を行っただけではすそわきがは解消されません。特に、臭いが強くなるのは、陰裂(割れ目)の始まり部分、、小陰唇と大陰唇の境界部、そして膣と肛門の間の皮膚です。これらの部位に多く分布するアポクリン汗腺が、すそわきがの原因となっています。

すそわきがの範囲

↑青色の部分がスソワキガが発生し得る範囲

(赤部分は特にワキガ臭が強くなる部分)

■深く広がる原因とその治療の難しさ

すそわきがの原因となるアポクリン汗腺は、このように陰部の皮膚の深部(約5㎜)に位置し、広範囲に分布していることが特徴です。このため、すそわきがの治療には、深く広がるアポクリン汗腺に対して効果的なアプローチが求められます。しかし、現実的には、この深部に分布するアポクリン汗腺に対する治療法は限られており、治療方法によっては満足のいく結果を得ることは難しいこともあります。

すそわきがの治療方法の紹介

すそわきがの女

すそわきがに対する対処方法は多岐にわたり、日常生活で実践できる対策については、以前のブログ記事でも紹介しました。しかし、根本的にアポクリン汗腺からの汗の分泌を抑えるためには、美容外科での治療が必要です。現在、日本国内の美容外科や医療機関で提供されている主なスソワキガ(スソガ)治療方法には、ビューホット、ミラドライ、ボトックス注射、手術の4つがあります。以下では、これらの治療方法の特性や効果について、私の見解を交えながら詳しく解説します。

スソワキガ(スソガ)の治療方法①:ミラドライの効果と限界

ミラドライは腋の多汗症に対して有効な機器で、厚生労働省にも認可されています。しかし、すそわきがにはほとんど効果がありません。多くのクリニックがすそわきが治療にミラドライを推奨していますが、実際にはほとんど効果がないため、注意が必要です。ミラドライが脇のわきが症に対して効果がないことは、厚生労働省管轄の実証試験で証明されています。詳細については私の過去記事で触れており、ここでは割愛しますが、脇のワキガに対して効果がないミラドライが皮膚のより深い層や皮下組織にあるアポクリン汗腺を破壊できるわけがないのです。

ミラドライがすそわきがに対して効果がない理由は、その技術的な制限にあります。ミラドライは5.8GHzの波長で固定されたマイクロ波を使用し、これはエクリン汗腺が集中する皮膚の浅い層に特化した照射を行います。しかし、アポクリン汗腺は皮膚の深い層や皮下組織に存在するため、ミラドライのマイクロ波エネルギーはこれらの深部に到達しません。このため、すそわきがの原因であるアポクリン汗腺を効果的に破壊することができないのです。ミラドライは、腋の浅い層にあるエクリン汗腺に対しては効果的ですが、すそわきがの治療には向いていません。

スソワキガ(スソガ)の治療方法②:ボトックス注射の効果と限界

ボトックス注射は、多くのクリニックで推奨されるすそわきが治療の一つですが、その効果は限定的です。ボトックス注射は主にエクリン汗腺からの発汗を抑制する効果があり、アポクリン汗腺には作用しません。したがって、ボトックス注射を行っても、アポクリン汗の分泌は続き、特有の臭いも完全には抑えられません。

一方、エクリン汗の存在がワキガ臭を強くすることがあるため、ボトックス注射自体にはワキガ症に対して一定の効果があります。しかし、陰部に関してはボトックス注射が打てる範囲が限られています。ボトックスは筋肉の収縮を抑える効果があるため、肛門周囲や膣周囲など、特にアポクリン汗腺が多く分布している部位には注射できません。これらの部位はすそわきがの臭いが最も強い場所であるため、ボトックス注射の効果は非常に限定的です。

総じて、ボトックス注射はすそわきがに対して一部の効果は期待できるものの、根本的な解決には至りません。すそわきがの治療には、より効果的なアプローチが必要です。

スソワキガ(スソガ)の治療方法③:手術の効果と限界

すそわきがの手術療法は、わきのワキガ治療と同様の手術を陰部に施す方法です。この手術は、医師の技量に大きく依存しますが、アポクリン汗腺を確実に除去できれば非常に効果的な治療法と言えます。しかし、すそわきがの手術にはいくつかの問題があります。

まず、陰部のアポクリン汗腺は広範囲に分布しており、特に性器や肛門周囲に多く存在します。手術でこれらの汗腺をすべて除去するのは不可能です。実際に手術が可能な範囲は、クリトリスより頭側の部位、いわゆるVゾーンに限定されます。この部位であれば、手術後の圧迫が比較的容易で、皮膚も他の部位に比べて厚いため、安全に手術を行うことができます。

一方で、最もアポクリン汗腺が多く分布している性器や肛門周囲は、皮膚が非常に薄く、術後の圧迫も困難なため、手術がほぼ不可能な部位となります。その結果、すそわきがの手術療法は手術可能な範囲が限られ、全体的な治療効果も限定的です。

スソワキガ(スソガ)の治療方法④:ビューホット

多くの美容外科で提供されているすそわきが治療の中でも、20年以上の治療経験を持つ筆者は、ビューホットが最も効果的な治療法であると確信しています。ビューホットは、局所麻酔を施した上で皮膚表面に針を刺し、針の先端から発せられる高熱(フラクショナルRF)で皮膚内および皮下組織に存在するアポクリン汗腺を破壊します。

この治療法には冷却システムが組み込まれており、皮膚表面を冷却しながら行うため、熱傷を防ぐことができます。ビューホットの特徴は、ミラドライとは異なり、照射深度を手動で調整できる点です。皮膚表面から0.1mm間隔で調整が可能で、最大6mm以上の深さまで照射することができます。これにより、皮膚の厚さに応じて、照射深度を精密に調整することが可能です。

経験豊富な医師は、治療中に患者の陰部の皮膚の厚さを触診し、部位に応じて照射の深度を2mmから6mmの範囲で微調整します。また、ビューホットは照射の強度も調整可能で、ワキガの強度や皮膚の厚みに応じて適切な強度に設定します。これにより、臭いが強い場合にはより強い照射が可能ですが、それに伴い熱傷のリスクも増します。そのため、経験豊富な医師は細心の注意を払いながら、ハンドピースの冷却プレートが皮膚に確実に密着するように配慮します。

このように、ビューホットの治療効果は医師の経験と技術に大きく依存します。しかし、経験豊富な医師によるビューホット治療は、すそわきがの確実な改善をもたらします。

ビューホットの原理

まとめ

 

スソワキガにはさまざまな治療方法がありますが、その中でも最善の方法はビューホットです。ビューホットは、医師の技量によって効果が大きく異なるというデメリットもありますが、経験豊富な医師による施術では、確実で満足のいく効果を得ることができます。この治療法は、高度な技術と細心の注意を要するため、信頼できる医師のもとで受けることが重要です。

ビューホットは、患者にとって安心で効果的な治療法として、すそわきがの悩みを解消する力強い選択肢となります。特に、他の治療法では十分な効果が得られなかった場合でも、ビューホットならば望ましい結果を期待できます。すそわきがに悩んでいる方々には、是非とも信頼できる医師のもとでビューホットを検討していただきたいと思います。

 

筆者:元神 賢太
船橋中央クリニック院長/青山セレスクリニック理事長。慶応義塾大学医学部卒。外科専門医(日本外科学会認定)。美容外科専門医(日本美容外科学会認定)。ビューホット治療を日本にいち早く導入。ビューホットにおけるスソワキガ治療は日本で初めて行った。これまでのスソガ、わきが治療例は延べ1万人を超える。

【関連項目】

スソワキガの相談はこちらから

すそが(すそわきが)の女性の特徴、原因、対策と治し方

話題のすそわきが治療「ビューホット」、その真実とメリットを解明

乳輪からの独特な臭い、それはチチガの可能性が…

お尻の割れ目が臭う??ケツガかも。

ブログTOPに戻る

当院は開設20年以上の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、国内屈指の症例数がございます。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せください。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

メニューを開く

ライン相談をする 相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。

フリーダイヤル フリーダイヤル相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。