BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

カテゴリー:アンチエイジング・若返り

2018/06/12

院長ブログトップ > フェイスリフト手術の効果

フェイスリフト手術の効果

加齢によるタルミが強い場合、または持続性があって効果が大きい治療を成果を求める場合、やはり一番効果の面でおすすめするのはフェイスリフト手術です。

フェイスリフト手術の効果について、モニター写真を見ながら解説します。

上記:フェイスリフト手術前の状態です。

上記:フェイスリフト手術後約6か月の状態です。

ちょっと見づらいと思いますので、左右に並べて解説します。

上記左側:フェイスリフト手術前 右側:フェイスリフト手術後

青線:ほうれい線が青線ですが、手術後は頬が上がったことにより、ほうれい線の位置が上に上がっていることがわかります。もちろんほうれい線自体の深さも、フェイスリフト手術後は浅くなっています。

緑線:フェイスラインが緑線ですが、フェイスリフト手術後はフェイスラインがよりシャープになり、鋭角になっています。いわゆる加齢によって四角になった顔が、本来の形に戻ります。

黄色丸枠内:フェイスリフト手術後はたるみ自体大幅に改善していますので、肌のハリと毛穴も改善します。これは写真で見る以上に、実際に治療を受けられた患者様が一番効果を実感できる箇所です。

以上のようにフェイスリフト手術はすべての若返り治療の中で最も効果が大きい治療と言えます。

フェイスリフト手術ではやはり傷跡を気になさるかたが多いのですが、傷跡も時間が経てばほとんどわからなくなります。

上記:フェイスリフト手術後約6か月の耳横の傷跡です。

あまり目立ちませんね。さらに月日が経てば、傷跡はもっと目立たなくなります。

最後に、このモニター様がご記入なさったアンケートです。

・習志野市 60歳代 女性
「フェイスラインは、30代後半頃から気になっていました。
いつか整形してスッキリしたいと思い、60代に入りいよいよ来る時が来た、と(東京のクリニックを訪ねたのですが、折り合いが合いませんでした)。
電車の中で船橋中央クリニックさんの広告を見て、電話で予約の形で訪れ、スタッフの皆さまの優しさにホッとして手術を受けました。
何も手術に関しては問題無く済み、今では周りの人にも気付かれることも無く、10歳以上若返った自分に満足しています。
ありがとうございました。」

以上、今回はフェイスリフト手術の効果についてでした!

フェイスリフト手術については~
船橋美容HP「フェイスリフト」
青山美容HP「フェイスリフト」もご参照ください。
 
美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/06/05

院長ブログトップ > ブロウリフトで若い頃の目に!

ブロウリフトで若い頃の目に!

「若い頃の目に戻したい」という希望が多いのですが、この場合安易に二重まぶたの幅を広くしても、分厚い皮膚が乗った不自然な二重になりがちです。
この場合おすすめするのが、ブロウリフト(brow lift;眉下切開による引き上げ)です。
根本的な要因である皮膚のたるみを眉の下で除去し、まぶたを引き上げる手術です。
まぶた切開手術ですが、腫れは1週間程度です。
早速モニター患者様をご紹介します。

上記:ブロウリフトの治療前

目じり側のまぶたのたるみで目じりが下がり、目の形が三角になっています。

上記:ブロウリフト手術後3日目の状態です。

眉下切開手術後の腫れはこの程度です。

上記:ブロウリフト手術後8日目の状態で、抜糸直後です。

一週間もすれば腫れは気にならない程度になります。

上記:ブロウリフト手術後約1か月の状態です。

腫れを完全に引き、二重がぱっちりになっています。
目じり側の瞼のたるみは解消されていますね。

角度を変えてよく見ると更にわかりやすいです。

上記:左側が手術前、右側がブロウリフト手術後です。

上記:同様に左側が手術前、右側がブロウリフト手術後です。

 まだ1か月の状態なので、傷が少しわかりますが、さらに時間が経つと眉下の傷跡は目立たなくなります。

上記:ブロウリフト手術後約5か月の状態です。

眉下の傷跡はほとんどわからない状態になっています。

以上、ブロウリフト(brow lift;眉下切開による引き上げ)のモニター写真のご紹介でした。ブロウリフトは若かった頃の自然な二重に戻す治療です。
切開治療の場合、不自然になるという先入観を思いがちですが、決してそうではなく、埋没法と比較してもより自然な二重に最終的に仕上がります。

最後にこのモニター様がご記入なさったアンケートです。

・習志野市 60歳代 女性 ブロウリフト手術

「上瞼が垂れ下がり、とても不愉快な思いでの生活でした(視野もせまく)。
他院で二重の手術をしましたが変わることもなく、船橋中央クリニックさんを訪ねました。
手術の箇所が眉毛の中を切っていただいたら二重もハッキリして、
早く知っていれば不愉快な思いを長い間しないで済んだのに・・・・・。
今では目元パッチリで満足感たっぷりです。
ありがとうございました。

ブロウリフト(眉下切開)については
船橋美容HP「上まぶたのたるみ取り・ブロウリフト」
青山美容HP「上まぶたのたるみ取り・ブロウリフト」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/01/23

院長ブログトップ > ウルセラ3か月後の経過

ウルセラ3か月後の経過

当院でも一番人気の若返り治療「ウルセラ」(ultherapyウルセラピー)モニター患者様をご紹介します。
わかりやすいように治療前、ウルセラ後1か月、ウルセラ後3か月の状態を並列でご紹介します。

正面だとちょっとわかりにくいですが、ほうれい線とマリオネットラインが浅くなり、頬の位置が高くなっているのがわかります。

上記右斜めの写真のほうが、ほうれい線とマリオネットラインが浅くなっていることがわかりやすいと思います。フェイスラインもシャープになっています。

上記左斜めの写真のほうが、さらにフェイスラインもシャープになっていることがわかりやすいですね。頬の位置も高くなり、全体的に若返った印象になっています。

1か月後よりその状態が明らかですが、3か月もさらに若返り、効果が持続していることが3枚の比較写真より明らかだと思います。
局所的な部分だけに注目すると、外科的な治療ではないので、変化がわかりにくいところもありますが、全体な印象が明らかに「若くなる」というのがウルセラの大きな特長と言えます。
今までヒアルロン酸やボトックスでの注射で物足りなさを感じたかた、また、外科的な施術に抵抗があるかたには、このウルセラが最もよいアンチエイジング治療と言えます。

 

ウルセラについては
船橋中央クリニック美容HP「ウルセラ
青山セレスクリニック美容HP「ウルセラ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/12/05

院長ブログトップ > ウルセラの驚異的な効果

ウルセラの驚異的な効果

ウルセラ(ウルセラピー)とは、ウルセラという医療機器を使ってのリフトアップ治療です。

医療機器のよる治療なので、機器が同じであれば、どの施設で受けても同じと考えがちですが、実際は受ける施設によって全く効果が違います。
当院では、効果がしっかり出るようにあらゆる工夫を行なっています。当ブログでも何度か書いていますが、ウルセラは照射強度が何よりも大事です。
強く照射することで効果がはじめて現れる機器です。
当院ではマスク麻酔を使用することで常に最大(マックス)の強度で無痛のもとでウルセラを行なっています。
では、46歳のモニター患者様をご紹介します。
今回はシンプルにビフォーアフターを1枚づつ掲載しますね。

上記:ウルセラ治療前(ビフォー)

上記:ウルセラ治療後(アフター)

驚異的に治療効果が現れていますね!
列挙すると、
1ほうれい線が浅くなっています。
2マリオネットラインが浅くなっています
3ゴルゴラインが浅くなっています
4上まぶたがたるみ、腫れぼったさが改善しています
5フェイスラインがシャープになっています
6肌の毛穴の開きが改善しています

以上です。
手術以外の方法での顔全体の若返り・アンチエイジングでは、ウルセラが断然おすすめですね。

ウルセラについては
船橋中央クリニック美容HP「ウルセラ
青山セレスクリニック美容HP「ウルセラ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/11/16

院長ブログトップ > 糸によるタルミの引き上げ治療「スプリングスレッド」

糸によるタルミの引き上げ治療「スプリングスレッド」

糸による引き上げ治療はさまざまなものがありますが、僕が一番おすすめしておりますのは何度もこのブログで登場している「スプリングスレッド」です。

スプリングスレッドは商品名ですが、実際に糸を挿入する技術によってかなり効果が違います。
なので、やはりクリニックとドクター選びは重要です。

それでは今回のスプリングスレッドを受けた45歳のモニター様の写真をご紹介します。

上記の3枚は治療前の写真です。

上記の3枚は糸を挿入する位置をデザインした治療前の写真です。
このかたは左右それぞれ4本、合計8本のスプリングスレッドを挿入しました。

 

上記の3枚は治療直後の写真です。
手術直後は「引き上がりすぎ」の状態になりますので、やや不自然です。

上記の3枚は治療2日後の写真です。
治療直後の異様な感じは取れていますね。

上記の3枚は治療後1週間の写真です。
1週間も経つと、見た目の不自然さはほぼありません。

上記の3枚は治療後1か月の写真です。
もちろん腫れは完全に引いています。

上記の3枚は治療後約7か月後の写真です。

また、スプリングスレッドは針で挿入していますが、針跡はコメカミの髪の生え際になります。
下記の針跡の治療前後のビフォーアフターです。
1か月も経てば針跡はあまり気にならなくなります。

最後に左右で治療前後のビフォーアフターの比較写真を掲載します。
画面左が治療前、画面右が治療後です。

切開するような手術ではないので、劇的な変化は写真上ありませんが、口角部分のいわゆるマリオネットラインやほうれい線が浅くなって全体に引き上がっているのがわかると思います。

今まで他のクリニックで糸による若返り治療(スレッドリフト各種)を受けられて効果が弱かったかたも、当院で行っているスプリングスレッドでしたら、きっと効果を実感していただけると思いますよ!

 

船橋中央クリニック美容HP「スプリングスレッド
青山セレスクリニック美容HP「スプリングスレッド」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/09/05

院長ブログトップ > 父の若返り治療

父の若返り治療

戦時中生まれの父は、今年でもう76歳です。
でも見た目も気持ちも本当に若いです。
たまに会うと、気になるシワを治してくれ、と頼まれるので、喜んで治療しています(笑)

では、父のヒアルロン酸治療を紹介します。

頬骨のところにクボミとシワが気になるとのこと。

上記の黄色の部位ですが、写真で見る以上に実際はクボミが目立ちます。

そこでヒアルロン酸注射を行ないました。

 

こちら左右にヒアルロン酸注射を僕が父に行っているところ

上記3枚はそれぞれの左側が治療前、右側がヒアルロン酸注射後です。

目の下のクボミとシワが改善されています。

親孝行ができました(笑)

ヒアルロン酸のシワ治療については
船橋ヒアルロン酸注射専用ページ
青山ヒアルロン酸注射専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック青山院
埼玉・青山セレスクリニック川口院

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/08/01

院長ブログトップ > 下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたのたるみが強い目元をバギーアイ(baggy eye)と言います。

僕はこのバギーアイ(baggy eye)の治療を得意としております。

今回の年齢にしてはバギーアイの程度が重度の59歳のモニター写真を紹介します。

上記:治療前の状態です。

目の下のたるみと脂肪のふくらみが重度の状態です。

このような場合でも皮膚を切開しない経結膜的脂肪除去を行なうことも可能ですが、ベストの治療は、①目の下を切開し、皮膚をたるんだ皮膚を除去、②脂肪を除去、③たるんでいる眼輪筋を釣り上げて骨膜に固定する手術(目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術)です。

上記:治療後1週間の状態です。

目の下の皮膚が少し反転し、結膜が赤くなっています。

この程度の腫れと皮膚の反転は現れる場合が多いです。

上記:【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】手術後6か月の状態です。

すっかり腫れもなくなり、治療前の重度のバギーアイ(baggy eye)は改善しています。

今回のような皮膚を切除する目の下のたるみ取り手術では、治療前に傷跡を気にされて手術を受けることを躊躇するかた多くいますが、目の下の傷は手術の技術によりほどんど傷跡がわからなくなります。

上記:手術後6か月でメイクを落とした目の下のアップの写真ですが、ほぼ傷跡がわからないと思います。

このように傷跡はわからないくらいになりますので、心配する必要はありません。

バギーアイ(baggy eye)の治療方法はたくさんありますが、今回のモニター様のような重度の場合は、今回ご紹介した【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】がベストです。

最後に今回のモニター様のアンケートをご紹介します。

草加市 50代 女性

手術内容 ブロウリフト手術、下瞼たるみ取り、下瞼脂肪除去手術(骨膜固定)

姉の紹介でこちらの病院を知りました。
以前から目の周りの老化が気になっていたが、知らない病院へ行くことに不安がありました。
姉が2、3年前にこちらの病院でまぶたをすっきりさせていて、私も・・・と何か月か考えて
いましたが、来院して説明を聞き先生に手術をして頂きました。
主人や職場の人から目の周りがすっきりしたと評判がよく、自分でも気持ちが明るくなりました。
ありがとうございます。
傷あとも気にならなくなり、満足しています。

患者様にご満足していただけたことが何よりもうれしいです!

 

バギーアイ(baggy eye)の治療方法については美容HP
船橋中央クリニック「目の下のたるみ」
青山セレスクリニック「目の下のたるみ」
をご覧ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック青山院
埼玉・青山セレスクリニック川口院

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/07/04

院長ブログトップ > 中年男性におすすめの若返り治療!

中年男性におすすめの若返り治療!

僕の中での密かな自慢が中高年の男性、いわゆる「おじさん」からの若返り治療依頼が多いことです。男性は女性と違って、傷跡や仕上がりをお化粧でごまかすことはできません。

また、概して男性は『明らかな結果』を求めます。

女性の若返り治療で要望が意外と多いのが、『あまり変化が大きいと困る』、『周囲に気付かれると困る』という希望で、このような場合は、当ブログでも何度も紹介しております「ウルセラ」がちょうどよい治療なのです。

ですが、男性の場合、ウルセラのような変化では満足できないことが予想されるため、ウルセラではなく、もっと大きな効果がある、「フェイスリフト手術」や「スプリングスレッド」をおすすめする場合が多いのです。

このように、「跡が目立たない」かつ「明らかな効果」がある若返り治療が「おじさん」のニーズに合致しているのでしょうか、当院ではおじさんの若返り治療が多いのです。

(僕もおじさんです(笑))

それでは、今回は「おじさん」のスプリングスレッド治療のモニター患者様をご紹介します。

治療前の状態です。

 

治療前の状態でスプリングスレッド合計8本を留置する位置をデザインしたところです。

治療直後の状態です。このように直後は不自然なくらい上がってしまいます。

治療後約1週間の状態です。たいぶ不自然さはなくなりました。もうマスクは必要ないですね。

治療後約1か月の状態です。腫れも引き、完成の状態です。

治療後約6か月の状態です。効果もしっかり持続しています。

スプリングスレッドの効果は約3年持続します。

糸の刺入部の傷跡があるところですが、どこにあったのか、わからないくらい目立たなくなります。

最後に、モニター患者様からのアンケートです。

 

50歳代 男性 千葉県船橋市

1、施術を受けたきっかけは?
疲れが表情に出ていた為。

2、このクリニックを選んだ理由は?
場所、実績。

3、カウンセリングの感想は?
ホームページの内容と同様であった。

4、施術の内容、痛みは?
事前説明での所要時間、痛みは思ったほどなかった。

5、施術当日の様子は?
麻酔は初めてだったので、少し不安であった。

6、施術後の経過は?
一ヶ月位マスクをしたまま外出しいていた。

7、アフターケアの内容と感想は?
特になし。

8、施術結果に対する感想は?
かなり満足度は高い。

9、メッセージをどうぞ。
丁寧に御対応いただき、ありがとうございます。。

 

スプリングスレッドについては
船橋スプリングスレッド専用ページ
青山スプリングスレッド専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院

元神賢太

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
【船橋中央クリニックについて】
船橋中央クリニック院長は、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。
常にご来院された患者様に満足していただける美容整形・美容外科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
船橋中央クリニックのこのような取り組みをご理解いただき、船橋市内、千葉市内はもちろん近郊の、錦糸町、本八幡、西船橋、鎌ヶ谷、市川、津田沼、習志野、幕張、江東区、江戸川区、八千代、佐倉、市原、五井、蘇我、勝田台、浦安、柏、野田、松戸、八街、流山、佐原、茂原、成田、四街道、房総や遠いところでは、木更津、東金、旭、勝浦、鴨川、君津、富津、袖ケ浦、印西、白井、富里、匝瑳、いすみ、印旛、山武、香取、九十九里、安孫子、銚子からも多数の患者様にご来院いただいております。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業