BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

「目整形」についての記事まとめ

2019/03/12

院長ブログトップ > 涙袋、プチ整形で大満足!

涙袋、プチ整形で大満足!

3月は美容整形の最盛期です!4月から、新しい生活に変わるかたが多いからです。
その中でもやはり、目の整形が一番人気です。

今回ご紹介する涙袋もヒアルロン酸を注入するだけのちょっとした目元の整形(プチ整形)なのですが、患者自身の満足度が非常に高い治療です。
ヒアルロン酸注入なのでダウンタイムもほとんどなく、周囲にばれることはありませんよ。
それでは、涙袋のヒアルロン酸注入のビフォーアフターをご紹介します。

上記:涙袋のヒアルロン酸注入の治療前

 

上記:涙袋のヒアルロン酸注入の治療後

 

何かが劇的にかわったことわけではありませんが、ちょっとしたことで目元は華やかになります。

涙袋形成(涙堂形成)については
船橋中央クリニック「涙袋形成(涙堂形成)専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「涙袋形成(涙堂形成)専用ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

 元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/02/19

院長ブログトップ > 目頭切開、二重まぶた手術の5年後

目頭切開、二重まぶた手術の5年後

先週に続いて今週も二重と目(目頭切開)のモニター様のご紹介です。 

今回は、5年後に経過を見せに来ていただたいモニターです。 

それでは、二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開手術を受けたモニター様をご紹介します。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術前

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)で脂肪を取り出しているところ

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約1か月

まだ少し腫れているのと、目頭切開の傷跡に少し赤みがあります。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約3か月

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約7か月

 そしてその時にご記入いただいたアンケートが下記です。  

そしてこの患者様が、5年後に別の治療で来院された際に目元の写真も再度撮影させていただきました。 

上記:二重まぶた埋没法(脱脂)と目頭切開の手術後約5年後

手術を受けたときは18歳だった少女が、23歳になってメイクもすっかり大人の女性になっていました(笑) 

5年後も結果に満足しているというお言葉をいただいたことが、何よりも僕にとってはうれしかったです。 

二重埋没法・目頭切開法については
船橋中央クリニック「二重埋没法専用ページ」「目頭切開法専用ページ」
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「二重埋没法専用ページ」「目頭切開法専用ページ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

 元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2019/02/12

院長ブログトップ > 腫れが凄く出てしまった二重埋没法の例

腫れが凄く出てしまった二重埋没法の例

今回は二重埋没法(脂肪除去付き)のモニター様で、手術直後に腫れが強く出てしまった例をご紹介します。
埋没法でも手術直後は、強弱はありますが必ず腫れが出ます。
だいたい1週間くらいのダウンタイム(大まかな腫れが引くまでの期間)があることは、手術前に説明しております。
腫れというのは、術直後に二重の幅が希望の2倍くらいになってしまう状態です。
では今回は、腫れが凄く出てしまった二モニター様をご紹介します。

上記:術前の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)直後の状態です。

これは術直後腫れが強く出てしまった症例ですが、このように腫れが強く出る場合は稀ですが、稀でも強く腫れが出る可能性がある要因としては、
➀希望の二重幅が広い
②蒙古ヒダが張っている
③々の目が腫れぼったい
などです。
今回は希望の二重幅は標準的でしたが、②と③の要因で腫れが強く出てしまったと考えます。
それでは経時的な変化をご紹介します。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後1週間の状態です。

1週間だとまだ糸による皮膚の食い込みがはっきりあります。
1週間で極端な腫れが引きますので、大まかのダウンタイムは1週間と説明しております。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約1か月の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約1か月の状態です。
1か月で糸による皮膚の食い込みはだいぶ目立たなくなり、腫れも引いていますが、二重の幅はまだ気持ち広いです。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約3か月の状態です。

完成の状態です。

上記2枚:二重埋没法(脂肪除去付き)後約6か月の状態です。

 3か月の状態と二重の幅はかわりません。
皮膚の食い込みや跡は、完全になくなっています。

最後に、このモニター様にご記入いただいたアンケートです。


 

20歳代 女性 千葉県船橋市

1、施術を受けたきっかけは?
アイプチやメザイクでは、二重にならなかった為。

2、このクリニックを選んだ理由は?
家から近いのと、永久保証があった為。

3、カウンセリングの感想は?
丁寧だった。

4、施術の内容、痛みは?
脱脂・埋没/痛みは治療後1日/腫れがひくのに1週間。

5、施術当日の様子は?
普段通りの生活。

6、施術後の経過は?
腫れが1週間続き、2週間で自然になった。

7、アフターケアの内容と感想は?
モニター希望の為、1か月、3か月、6か月で通った為不安なし。

8、施術結果に対する感想は?
色々と対応していただき満足している。あとは、今後の経過次第。

9、メッセージをどうぞ。
もっと早く施術を受ければ良かったと思った。また機会があればよろしくお願いします。

 

今回は腫れが凄く出てしまった、二重埋没法の例をご紹介しました。
腫れが強く出てしまった場合は僕も申し訳ない気持ちになりますが、最終的に必ずご希望の二重の形になります。
腫れている期間は不安になることもあると思いますが、僕の言葉を信じていただきたいと思います。

二重埋没法については
船橋中央クリニック「二重埋没法専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院「二重埋没専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/10/17

院長ブログトップ > 片目の生まれつきの眼瞼下垂

片目の生まれつきの眼瞼下垂

開眼時にまぶたが十分に開かず、開眼しても黒目が一部まぶたに覆われている状態を「眼瞼下垂」と言います。眼瞼下垂の原因はさまざまですが、加齢による変化や長期間のコンタクトレンズなどが主な原因とされています。そのような経年変化による眼瞼下垂(後天性眼瞼下垂)のほかに、生まれつきの眼瞼下垂(先天性眼瞼下垂)というものがあります。
先天性眼瞼下垂の症状が強い場合は、幼少期に治療を受けられる場合が多いのですが、中等度程度であっても治療せずに成人されているかたはけっこういますね。
今回ご紹介するモニターは片目だけの生まれつきの眼瞼下垂です。

上記治療前:右目の瞼の開きが弱く、明らかな左右差があります。(平成28年12月14日)

今回はまぶたを切開する挙筋前転法による手術で治療を行ないました。

上記治療直後:意外と腫れていません。明らかなに右目の開眼が改善していますね。(平成28年12月14日)

上記手術後2日後(平成28年12月14日)

上記手術後2日後の閉眼時で糸がまだ付いています。(平成28年12月21日)

上記手術後7日後の抜糸直後(平成28年12月14日)

上記手術後7日後の抜糸直後の閉眼時。(平成28年12月21日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約1か月(平成29年1月15日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約4か月(平成29年4月4日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約8か月(平成29年7月29日)

上記、眼瞼下垂挙筋前転法手術後約8か月の閉眼時(平成29年7月29日)

最終的に少しの左右差は残っていますが、かなり改善しているのがわかると思います。
患者様に喜んでいただけました!
以下患者様に書いていただいたアンケートです。

24歳代 男性 千葉県松戸市

1、施術を受けたきっかけは?
目の開きが悪く、顔の印象がよくなかった。

2、このクリニックを選んだ理由は?
ネット上の口コミ、レビュー。

3、カウンセリングの感想は?
100%希望通りになるとは限らない、リスクについて十分に説明を受けた。

4、施術の内容、痛みは?
痛みはわずか。1時間20分程度。

5、施術当日の様子は?
施術後は禁止事項や今後の注意すべき点について、十分なせつめいを受けた。

6、施術後の経過は?
施術後半年ほどで、当初の希望通りの結果を得られた。

7、アフターケアの内容と感想は?
目が開くまで時間を要する点について、十分説明を受けた。

8、施術結果に対する感想は?
非常に満足している。

9、メッセージをどうぞ。
全体を通して非常に満足で、また利用したい。

眼瞼下垂については
船橋中央クリニック眼瞼下垂専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院 眼瞼下垂専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
お電話でのご予約、ご相談はこちらから お電話でのご予約、ご相談はこちらから
0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです! 0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです!

当院は開設15年の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)、埼玉川口院:埼玉県川口市栄町(JR川口駅東口、そごう隣接)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、都内屈指の症例数がございま す。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せく ださい。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

メニューを閉じる

メニューを開く

LINEで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。

フリーダイヤルで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。