BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

「骨膜固定」についての記事まとめ

2017/08/01

院長ブログトップ > 下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたの重度のたるみ(バギーアイ)

下まぶたのたるみが強い目元をバギーアイ(baggy eye)と言います。

僕はこのバギーアイ(baggy eye)の治療を得意としております。

今回の年齢にしてはバギーアイの程度が重度の59歳のモニター写真を紹介します。

上記:治療前の状態です。

目の下のたるみと脂肪のふくらみが重度の状態です。

このような場合でも皮膚を切開しない経結膜的脂肪除去を行なうことも可能ですが、ベストの治療は、①目の下を切開し、皮膚をたるんだ皮膚を除去、②脂肪を除去、③たるんでいる眼輪筋を釣り上げて骨膜に固定する手術(目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術)です。

上記:治療後1週間の状態です。

目の下の皮膚が少し反転し、結膜が赤くなっています。

この程度の腫れと皮膚の反転は現れる場合が多いです。

上記:【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】手術後6か月の状態です。

すっかり腫れもなくなり、治療前の重度のバギーアイ(baggy eye)は改善しています。

今回のような皮膚を切除する目の下のたるみ取り手術では、治療前に傷跡を気にされて手術を受けることを躊躇するかた多くいますが、目の下の傷は手術の技術によりほどんど傷跡がわからなくなります。

上記:手術後6か月でメイクを落とした目の下のアップの写真ですが、ほぼ傷跡がわからないと思います。

このように傷跡はわからないくらいになりますので、心配する必要はありません。

バギーアイ(baggy eye)の治療方法はたくさんありますが、今回のモニター様のような重度の場合は、今回ご紹介した【目の下のたるみ取り+脂肪除去+骨膜固定術】がベストです。

最後に今回のモニター様のアンケートをご紹介します。

草加市 50代 女性

手術内容 ブロウリフト手術、下瞼たるみ取り、下瞼脂肪除去手術(骨膜固定)

姉の紹介でこちらの病院を知りました。
以前から目の周りの老化が気になっていたが、知らない病院へ行くことに不安がありました。
姉が2、3年前にこちらの病院でまぶたをすっきりさせていて、私も・・・と何か月か考えて
いましたが、来院して説明を聞き先生に手術をして頂きました。
主人や職場の人から目の周りがすっきりしたと評判がよく、自分でも気持ちが明るくなりました。
ありがとうございます。
傷あとも気にならなくなり、満足しています。

患者様にご満足していただけたことが何よりもうれしいです!

 

バギーアイ(baggy eye)の治療方法については美容HP
船橋中央クリニック「目の下のたるみ」
青山セレスクリニック「目の下のたるみ」
をご覧ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック青山院

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/11/08

院長ブログトップ > 目の下のクマ・たるみに対してのベストな治療法とは?

目の下のクマ・たるみに対してのベストな治療法とは?

目の下のクマ・たるみの治療方法には、さまざまな方法があります。

手術を積極的に行わない施設(できない施設)では、ヒアルロン酸やPRPなどをすすめてくるかもしれません。
または、脂肪除去したうえで、脂肪注入するという方法をすすめる施設もあるかもしれません。

もちろん、上記のいずれの方法も間違った方法ではなく、僕も行なうことはありますが、ベストの治療方法とは言えないと考えています。
目のクマやたるみの根本的な原因というのが、皮膚のたるみと筋膜の緩みから起きているからです。

ですので、患者様が切開する手術を覚悟した場合、ベストな治療法方法というのは、筋膜の緩みを除去したうえで、皮膚のたるみを除去する手術がベストな治療方法と言えます(僕の考えですが)。

それでは、目の下のクマ・たるみに対して僕が皮膚を切開する方法で脂肪除去・眼輪筋除去・眼輪筋の骨膜固定・皮膚切除を行なったモニター患者様を紹介します。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%89%8d上記写真:40代女性、目の下のたるみ除去手術の手術前

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%84%82%e8%82%aa%ef%bc%92上記写真:手術で除去した脂肪と皮膚

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%be%8c上記写真:手術後3か月の状態

皮膚の切開部位は下まつ毛の生え際ですが、手術後に傷跡が目立つということはありません。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%8f%b3%e7%9b%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97上記:手術後3か月のアップ写真ですが、切開部位はどこなのかわからないくらい傷跡がきれいになっています。

このように目の下のクマ・たるみのベストな治療方法は、皮膚のたるみ除去・筋膜の固定を伴う切開方法と断言できます。
もちろん患者様が皮膚を切開することに抵抗がある場合、ヒアルロン酸注入や経結膜的脂肪除去を行なうことはあります。

船橋美容HP「目の下のたるみ」
青山美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
お電話でのご予約、ご相談はこちらから お電話でのご予約、ご相談はこちらから
0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです! 0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです!

当院は開設20年以上の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、国内屈指の症例数がございます。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せください。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

メニューを開く

ライン相談をする 相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。

フリーダイヤル フリーダイヤル相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。