BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

「二重埋没法」についての記事まとめ

2024/01/12

院長ブログトップ > 医は算術でいいのか

医は算術でいいのか

自由診療の落とし穴

絶望の淵へと追い込む不妊治療

かつて、銀座の煌びやかな通りに立つ立派なビルの一角に、あるクリニックが今も存在している。そのビルは、高級ブランド店やレストランが軒を連ねる中で、いかにも成功しているという雰囲気を漂わせている。そこにあるクリニックは、不妊治療の専門クリニックとし、多くの夫婦が希望を抱いて訪れる場所となっている。しかし、その医院の内部では、金儲けを最優先とする暗い影がちらついている。

クリニックでは不妊治療のプランを、「松竹梅」という例えで説明している。まるで日本の伝統的な品評会で使われるようなこのランク分けは、実際には治療の質と価格の差を表している。松は最高ランクで、高額ながらも最良の治療と高い妊娠率を約束する。竹は中間の選択肢、そして梅は最もリーズナブルだが、妊娠の成功の望みは薄いとされている。クリニックの院長はこの比喩を用いて、患者たちに自らの経済状況と望みに応じた選択を迫っている。

多くの夫婦が初めは経済的負担を考慮して竹や梅を選ぶ。しかし、何度試みても妊娠に至らず、その都度、婦人は心と体に傷を深めいき、夫婦は経済的にも追い込まれていく。一方、院長やクリニックのスタッフは、これが当たり前のように振る舞い、夫婦が苦悩する様子を冷ややかに見つめている。そして夫婦は結局最終的には松へとグレードアップしていく。このシステムは、不妊治療専門のクリニックにとっては患者を引き留め、より多くの費用を搾取する完璧な戦力だ。

しかし、最初から松を選んだからといって直ちに成功するわけではない。クリニック側は意図的に数回の失敗を経験させ、患者の不安と焦りを煽る。そして、裏メニューにある「松」の上の高価なオプションを提案し、さらなる費用を要求する。このようにして、ただただ子供が欲しいという切実な願いを持っている夫婦に対してお金をむしり取り、夫婦は絶望の淵へと追い込まれていく。

その中で、体外受精を何度も繰り返し失敗した婦人の心と体を考えて、ある夫婦が最後の試みと決心し、その望みを託し、院長に100万円の現金が入った封筒を直接渡した話は特に有名だ。夫婦の「今回で最後にしたい」と切実に願いの表れだった。彼らの切実な願いと共に渡された封筒の裏金は、まるで魔法のように奇跡を引き起こし、最後の試みと決心した体外受精で妊娠に至ったという。このような奇跡的な話が広まると、更に多くの夫婦が、高い費用とリスクを抱えながらも、その門を叩くようになった。

この不妊治療クリニックの裏側は、華やかな外観とは裏腹に、金儲けを最優先とする冷酷な実態を隠している。患者の希望と絶望を金に変え続けるこのクリニックと院長の未来は未だに誰にも予測できず、夫婦たちは次の奇跡を夢見ながら、今日もこの銀座の煌びやかなクリニックに足を踏み入れ続けている。

わざと外れる二重埋没法

わざと外れる埋没法

前述の物語は筆者が実際に聞いた話をもとに、フィクションの形で再構築してみました。不妊治療専門のクリニックでは、皮肉なことに患者が妊娠してしまうと、その瞬間に通院が終了し、クリニックの売上が止まるという状況が生まれます。このため、患者が妊娠せずに長期間通院し続けることが、クリニックにとって理想の状態となるのです。これはにわかには信じがたい話ですが、不妊治療専門クリニックの内情を知る人々の間では、よくあることとされています。

同様の事例は美容外科の分野にも見受けられます。例えば、二重の埋没法治療では、患者に混乱を招くほど多くのメニューが用意されており、安価なメニューを選んだ患者に対しては、二重の糸が意図的に外れやすいように弱く縫合されることがあります。一方で、高額なメニューについては、その価値を過剰に強調し、患者に高額な契約を促す戦略がとられています。

適切なクリニックを選ぶために

適切なクリニック選びのためには、希望の医療に対するある程度の知識とクリニックの事前の丁寧な調査が不可欠です。驚くべきことに、いい加減な医療を意図的に行う医師が存在するのは、悲しいが現実です。このような医療に巻き込まれないために、特に自由診療の不妊治療や美容外科クリニックを選ぶ際には、以下の重要なポイントに留意することが必要です。

■相場を大きく下回る料金設定

広告で目にする、相場よりも大幅に安い料金設定を打ち出すクリニックは、要注意のサインです。自由診療の費用は高額になりがちなため、安さに惹かれて選ぶことはリスクを含んでいます。重要なのは、事前に複数のクリニックの料金を比較し、一般的な相場を理解しておくことです。極端に安い料金設定は、強引なアップセールスを伴うことが多く、または前述のわざと外れる埋没法のように施術の品質や安全性に疑念が生じます。

■契約を急ぐクリニックへの警戒

カウンセリング当日に契約を急ぐクリニックは、慎重に対応することが求められます。特に「今日限りの特別価格」といった条件付きの値引きを提示してくる場合、十分な検討時間を確保することを推奨します。また、複数のクリニックでカウンセリングを受けることで、それぞれの施術の質や自分に本当に必要な施術なのかどうかを比較することが有効です。

■派手な広告戦略

頻繁にテレビCMを放送する自由診療クリニックは、莫大な広告費を投じていることがあります。全国ネットのテレビCMは一回の放送だけで数百万円、月契約では数千万円にもなり、これが蓄積されれば億単位に達することも珍しくありません。これほどの広告費を投じるクリニックは、本業で相応の売上を確保する必要があり、これが患者の負担に反映される可能性が高いです。

■オーナーが医師かどうか

自由診療クリニックの経営者は医師だけではなく、さまざまな業界出身の人々がいます。医師ではない経営者はしばしば、金儲けを目的として医療を行います。これに対し、医学部の授業を通じて医の倫理を学んだ医師は、営利主義に走ることが少ないとされています。多くの医師は、医の倫理を踏まえた経済活動を行っています。クリニックのホームページや院長紹介ページを注意深く読むことで、そのドクターがオーナーか雇用された医師かが分かることが多いです。

これらのポイントを念頭に置くことで、自分にとって最適なクリニックを見極めることができ、より質の高い医療サービスを受けることが可能となります。

医は仁術なり

元神写真

悪徳な不妊治療、わざと外れる埋没法、こうした医療における商売が果たして許されるべきなのか、私たちは深く考える必要があります。確かに世の中には「金儲け第一主義」が蔓延し、「安かろう、悪かろう」という言葉も存在します。しかし、医療分野においても、「安かろう、悪かろう」で済まされるのでしょうか?答えは明らかに否です。医療は他のどの業界とも違い、極めて専門的な知識と技術が求められる分野です。一般の人々には、専門知識がないため、価格による治療の質の違いを判断することが通常は不可能です。高額なメニューが本当にその価格に見合う価値があるのか、また安価なメニューが本当に粗悪なのか、一般人には見極めることができないのです。

ここで、古来から伝わる「医は仁術なり」という言葉を医師はは思い出さなければなりません。これは、医師が患者に対して持つべき慈愛の心と、患者の健康と幸福を最優先に考える姿勢を示しています。これに対照的に、医師が持つべきではない考え方として「医は算術なり」という言葉があります。これは、医師が利益を優先し、患者をただの数字やお金儲けの手段として扱うことを意味します。医師がこのように算術に走ると、患者の信頼を裏切り、医の倫理を無視したただの悪人になってしまうのです。医療の現場で日々行われているこうした倫理に反する行為は、決して看過されるべきではありません。医師は常に仁術の精神を忘れず、医師を頼って来院される患者一人ひとりの幸福を最優先に考えるべきです。社会全体が、このような不正を許さず、正しい医療の実現を目指すべき時が今、来ているのです。

筆者:元神 賢太
船橋中央クリニック院長/青山セレスクリニック理事長。1999年慶応義塾大学医学部卒。外科専門医(日本外科学会認定)。美容外科専門医(日本美容外科学会認定)。美容外科医師会理事。美容外科医として20年以上のキャリアがある。「すべての人を笑顔にしたい」をモットーに診療を行っている。

【関連記事】

相次ぐエステ脱毛の経営破綻

 

 

 

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2023/08/22

院長ブログトップ > 【二重埋没法】腫れる、外れる施術は〇〇が原因!

【二重埋没法】腫れる、外れる施術は〇〇が原因!

埋没法が外れる原因についての動画です!

美容HP「二重埋没法」もご参加ください。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック

東京の美容整形外科 青山セレスクリニック

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2023/02/21

院長ブログトップ > 切らない眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂治療の手術動画のご紹介です。

是非参考にしてください!

美容ホームページ「切らない眼瞼下垂」も是非見てください。

 

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック

東京の美容整形外科 青山セレスクリニック

元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2013/01/29

院長ブログトップ > 人気がある施術ベスト5「顔のプチ整形編」

人気がある施術ベスト5「顔のプチ整形編」

"今回より数回にわたって、当院にて人気がある治療を部門別にご紹介したいと思います。 第1回の今回は、顔のプチ整形で人気の治療ベスト5のご紹介です。 第5 位:あごのプチ整形 顔のバランスが見違..."思います。
第1回の今回は、顔のプチ整形で人気の治療ベスト5のご紹介です。

第5 位:あごのプチ整形
顔のバランスが見違えるほど整います!こちらがブログ記事です。

第4位:涙袋
某超人気アイドルグループ所属の人気アイドルのおかげで、すっかり市民権を得た「涙袋」です。このアイドルグループの登場によりおそらく5倍くらい、涙袋の施術が増えました。
こちらがブログ記事です。

トップ3の前にお決まりの番外編。
圏外:唇のプチ整形
あまり人気がないですね、最近。涙袋が流行る前は、まあまあ人気があったのですが。。。きっとこのあたりのプチ整形は、かなり時代の流行(売れている芸能人による)に左右されるのでしょう。こちらがブログ記事です。

第3位:小顔ボトックス治療
当院の小顔ボトックス治療は効果が絶大のため、これは納得のベスト3入りです。(自画自賛)こちらがブログ記事です。

第2位:鼻のプチ整形
鼻のプチ整形の効果をわかっていて、この手術を受けないかたはほとんどいません。(当院のほぼ全スタッフが受けています)
これほどお手軽にきれいなれる治療はほかにないかもしれません。
こちらがブログ記事です。

第1位:二重まぶた埋没法
お決まりですが、プチ整形という言葉は、本来この埋没法のためにあるのでしょう。超簡単に今までの悩みを解消できます。アイプチを使って、まぶたの皮膚を傷めるぐらいなら、早く埋没法を受けることをおすすめします。
こちらがブログ記事です。

以上、人気の顔のプチ整形ランキングでした。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP

当院は開設20年以上の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、国内屈指の症例数がございます。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せください。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

メニューを開く

ライン相談をする 相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。

フリーダイヤル フリーダイヤル相談/予約

希望される
クリニックを選択して下さい。

どちらも元神医師が診察しています。