BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

「乳首 大きい」についての記事まとめ

2019/01/22

院長ブログトップ > 乳頭縮小手術がおすすめです!

乳頭縮小手術がおすすめです!

世間的には認知度が低く、受けるかたが少ない治療ですが、僕がもっとおすすめしたい治療の中に乳頭縮小手術があります。 

同じ胸・バストの相談でも、豊胸治療が圧倒的多いのが現状です。
ただ美容外科医的な視点でバストについて話をすると、きれいなバストにはバランスのよい乳頭が絶対必要条件です。
授乳により乳頭が大きくなってしまったり、長く伸びてしまったりするケースが多いのが現状です。 

経産婦のかたは、やはり授乳でバストが萎んだから、大きくしたいという相談がやはり多いのですが、私としては同時に乳頭の形状にも目を向けていただきたいという思いがあります。 

せっかくバストを大きくきれいにするなら、バストに合わせてバランスの良い乳頭にしてはいかがでしょうか。 

では今回は、やはり授乳後に乳頭が大きく長く伸びてしまったケースで乳頭縮小手術を受けられたモニター様をご紹介します。 

上記:乳頭縮小手術の手術前

上記:乳頭縮小手術の手術直後 ※アクアフィリング豊胸(片側50cc)も同時に受けております。

上記:乳頭縮小手術の手術後約1か月

モニター様にご記入いただいたアンケートです。 

 

50歳代 女性 神奈川県横浜市

1、施術を受けたきっかけは?
乳頭のコンプレックスがずっとあった。

2、このクリニックを選んだ理由は?
ホームページを見た。娘の学校の近くで通いやすい。

3、カウンセリングの感想は?
はじめてのことだったので不安はあったが、慣れている様子で信用できると思った。

4、施術の内容、痛みは?
痛みは全くなく、あっという間だった。

5、施術当日の様子は?
スムーズに親切に対応していただき、安心しました。

6、施術後の経過は?
帰りの電車の中で麻酔の後だったからか、気持ち悪くなった。

7、アフターケアの内容と感想は?
親切に対応していただき、よかった。

8、施術結果に対する感想は?
勇気を出して受けてよかった。自分に自信が持てるようになった。

9、メッセージをどうぞ。
優しく温かい対応、ありがとうございました。

 

乳頭の形や大きさを気にしている女性は意外と少ないですが、バスト全体の美しさという観点では、乳頭は非常に大切な要素と考えます。 

 

乳頭縮小手術については
船橋中央クリニック乳頭縮小手術専用ページ
青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院乳頭縮小手術専用ページ
もご参照ください。

 

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2017/06/06

院長ブログトップ > 男性の乳頭縮小手術について

男性の乳頭縮小手術について

男性の乳頭縮小手術についてです。

男性の乳頭縮小手術は実は相談が多い治療です。

普通より乳頭が大きいと、Tシャツを着た際にシャツから乳頭の陰影が浮き出ることがコンプレックスになる場合が多いようです。
そのほか、運動やランニングの際に、擦れて痛くなるなどの実害もあるようです。
昨今のマラソンブームの影響か、相談も年々増えている気がします。

そこで今回は男性の乳頭縮小手術について書きました。

乳頭縮小手術は単純なようで、その形に合わせて手術方法を変える必要があります。
わかりやすいように、稚拙ですが、イラストを手書きしました。

タイプ1:乳頭の幅・高さが大きいタイプ。

上記をタイプ1とします。
タイプ1は乳頭組織が本当に大きい場合です。
下記のように女性の乳頭縮小手術で行う場合が標準ですが、かなり大きい場合は上記のように大胆に切除します。
下記の女性の乳頭縮小手術で行うと、十分に小さくならないからです。

タイプ2:乳頭は実は正常だが、乳頭と乳輪の付着部の乳輪組織が伸展している。

上記をタイプ2とします。

タイプ2は、実は乳頭組織は標準的な大きさだが、乳頭と乳輪組織の付着部の乳輪組織が過剰に伸展しているために、伸展している乳輪組織も乳頭の一部にように見えて、乳頭が大きく見えるケースです。この場合、タイプ1のような手術をすると、結果的にあまり変化がなかったということになります。

タイプ2の場合は上記イラストのように伸展している乳輪組織を切除する必要があります。

タイプ3:タイプ1とタイプ2が混在しているタイプです。この場合はやはり乳頭組織も乳輪組織の両方を切除します。

ではモニター写真をご紹介します。

上記術前の状態です。タイプ1です。

上記術後の状態です。

このケースでは極端に多いケースではなかったので、女性の乳頭縮小手術の方法で行いました。

男性の乳頭縮小手術は術前にどのタイプなのかしっかり診断して、手術方法を選択することが大切です。

 

乳頭縮小手術については
船橋美容HP 乳頭縮小
青山美容HP 乳頭縮小もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
埼玉・青山セレスクリニック川口院

元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/03/15

院長ブログトップ > モントゴメリー腺の除去

モントゴメリー腺の除去

当院では乳頭縮小手術が非常に多いのですが、そのついでに乳輪のブツブツも一緒に除去してほしいという要望がよくあります。
乳輪のブツブツはモントゴメリー腺(モンゴメリー腺; Montgomery glands,)または乳輪腺(Areolar glands)と言います。
機能は皮脂腺と同じです。
この乳輪のブツブツはあって普通のもので特に治療は必要ないと考えますが、中にやはりかなり大きくなってしまっているモントゴメリー腺もあります。
見た目としてやはり気になる場合は、切除が可能です。
炭酸ガスレーザーで削る方法もありますが、レーザーの場合、瘢痕が残る場合が多く、あまりおすすめしません。
外科的に切除したほうがきれいに治ります。
乳輪自体傷が目立ちにくい皮膚ですので、術後の傷は気にならないと思います。
それでは乳頭縮小手術と一緒にモントゴメリー腺(モンゴメリー腺)を除去したモニターをご紹介します。

火乳頭縮小手術前

上記は術前写真です。
乳頭のまわりのブツブツがモントゴメリー腺です。

乳頭縮小手術後

上記は手術後の写真です。
乳頭縮小手術と一緒にモントゴメリー腺を除去しました。

船橋美容HP 乳頭縮小・モントゴメリー腺除去
青山美容HP 乳頭縮小・モントゴメリー腺除去もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2015/10/13

院長ブログトップ > 男の乳頭縮小について

男の乳頭縮小について

男の乳頭縮小を希望される患者様はけっこう多く、当院ではコンスタントに手術を行っております。
大きい乳首が気になるのは女性だけではありません。やはり乳輪や胸とバランスを考えると、理想の男性の乳首の大きさというのがあります。
男性の乳頭縮小希望の患者様は、見た目の大きさだけではなく、「Tシャツにこすれて乳首が痛くなる」、「Tシャツに乳首が浮き出るのが嫌」、「乳首が目立つので、バンドエードや女性用のニップレスを使っている」という話を実際の患者様から聞きます。
昨今のジョギングブームがきっと男性の乳頭縮小の相談数を増やしているのかもしれません。実際ジョギングで僕もシャツと乳首がすれて、乳首が痛くなった経験はあります。僕の場合はこの1回きりで、この時のシャツの素材が「擦れ」の要因だったのではないかと自己分析していますが、走るたびに擦れて痛くなるかたにとって深刻な悩みだと思います。
乳首が擦れる場合はTシャツに浮き出る場合は、乳首の高さが通常より高いと考えられます。この場合、乳頭の高さが低くなるように乳頭の下側を切除します(下記イラスト)

男の乳頭縮小1

また、乳首の周径が大きい場合は、周径を小さくします(下記イラスト)

男の乳頭縮小2

男性の場合も、女性と同様に実際は高さも周径も共に気になる場合が多く、上記の2つを同時に行います。
手術時間は左右合わせて40分程度で、手術後の生活に特に制限がありません。
男性の方でもし長年乳首の大きさや高さで悩んでいるようでしたら、ごく短時間の手術で一生の悩みから解放されます。

是非お気軽にご相談ください。

船橋美容HP 乳頭縮小
青山美容HP 乳頭縮小もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2012/02/28

院長ブログトップ > 乳頭縮小手術 (患者様のご希望に添えず、再手術をした症例)

乳頭縮小手術 (患者様のご希望に添えず、再手術をした症例)

先週は比較的に数が少ない手術として「立ち耳」を紹介しましたが、症例が多いのに、今までこのブログで紹介し忘れていた美容外科の手術に「乳頭縮小手術」というのがあります。
授乳により乳頭(乳首)は大きく、伸びてしまいます。皮膚というのは、緊張をかけて引っ張っていると、いくらでも伸びますので、授乳の時には注意が必要です。
伸びてしまった皮膚や乳首は元に戻らないので、元に戻したい場合は、手術で乳首を小さくすることが可能です。
では、乳頭縮小手術のモニター写真を紹介します。
まず手術前の写真です。

乳頭縮小手術前 正面
乳頭縮小手術前 左
乳頭縮小手術前 右

そして、次に乳頭縮小手術の手術後の写真です。
乳頭縮小手術後 正面
乳頭縮小手術後 左
乳頭縮小手術後 右

実は、この乳頭縮小手術の手術結果に患者様にご満足いただけませんでした。
患者様は手術後に「乳首をもっと小さくしてほしい」と言われました。
患者様の全て希望を1回の手術で決めるのが、僕の手術です。
でも、時に僕のセンスと患者様の希望が合わないこともあります。
その場合は、もう一度患者様の希望をよく聞いた上で、稀ですが、再手術を行うこともあります。再手術はアフターケアの中で対応して、無料とさせていただきました。
2回目の手術前の患者様の希望は、「乳首をできるだけ小さくしてください」との希望でした。
こちらの2回目の乳頭縮小手術の手術中の写真です。
乳頭縮小手術

2回目の乳頭縮小手術で切除した乳頭の皮膚です。
乳頭皮膚

2回目の乳頭縮小手術の手術後の写真です。
乳頭縮小再手術後 正面
乳頭縮小再手術後 左
乳頭縮小再手術後 右

僕はもう少し大きい方がよいと思いましたが、患者様の希望を優先しました。患者様に満足していただけましたので、よかったですが。
今回のように1回の手術で患者様の希望に沿えなかったことは稀ですが、そんな場合は、患者様のご希望に沿うような形でアフターケアを行っています。今回は再手術を希望されましたので、そのように対応させていただきました。

最後に患者様のアンケートです。

今回は「乳頭縮小手術」と患者様のご希望通りにならなかった場合のアフターケアについての話でした。

船橋美容HP 乳頭縮小
青山美容HP 乳頭縮小もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
お電話でのご予約、ご相談はこちらから お電話でのご予約、ご相談はこちらから
0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです! 0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです!

当院は開設15年の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)、埼玉川口院:埼玉県川口市栄町(JR川口駅東口、そごう隣接)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、都内屈指の症例数がございま す。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せく ださい。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

メニューを閉じる

メニューを開く

LINEで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。

フリーダイヤルで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。