小顔・輪郭の治療 小顔・輪郭の治療のポイント 注射でも劇的な効果が望めます

私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。 院長: 元神 賢太 慶応義塾大学医学部卒 日本外科学会専門医 日本美容外科学会専門医 平成11年3月 慶応義塾大学医学部卒 平成11年4月 慶応義塾大学病院勤務 平成15年12月~ 船橋中央クリニック院長 平成25年10月~ 医療法人社団セレス理事長 (兼務) 私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。 院長: 元神 賢太 慶応義塾大学医学部卒 日本外科学会専門医 日本美容外科学会専門医 平成11年3月 慶応義塾大学医学部卒 平成11年4月 慶応義塾大学病院勤務 平成15年12月~ 船橋中央クリニック院長 平成25年10月~ 医療法人社団セレス理事長 (兼務)

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは

メソセラピーとは、脂肪を溶解する薬剤を皮下脂肪に注射するだけで痩せられる簡単なダイエット法です。
メソセラピーは脂肪吸引と違って手術ではありません。

メソセラピー(脂肪溶解注射)は注射後すぐに効果が現れませんが、1~2週間間隔で5回程度メソセラピーの注射を繰り返すことで治療効果を発揮します。
メソセラピーはメスを一切使わず、痛みも負担も少ないので人気の施術です。
注射での簡単な処置になりますので、「今までダイエットを繰り返してきたが脂肪吸引までは・・」という方にメソセラピーは最適です。
メソセラピーでは一度の治療で脂肪吸引ほど劇的に脂肪を減らすことは難しいですが、何度か繰り返すことで徐々に効果を上げていくことができます。
メソセラピーは5分ほどで終わる簡単な治療です。

顔(頬・あご)、腕のつけ根、二の腕、ひざ上、へそ下、お腹、ヒップ、太もも、ふくらはぎなど、体のあらゆる部分の痩身が可能なので、”気になるところだけをやせたい”という「部分痩せ」希望の方で「手術はしたくない」方にメソセラピーは絶対におすすめです!

コラム~更にメソセラピー(脂肪溶解注射)についてくわしく知りたい方~

メソセラピー(脂肪溶解注射)は1952年にフランス人の医師によって開発された治療方法で、ヨーロッパや南米などで幅広く行われている治療方法です。
メソセラピーの主な成分はフォスファチジルコリンで、これは、脂肪細胞に作用して脂肪を溶解させる作用があります。
さらに千葉県・船橋中央クリニックでは、脂肪の排泄を促進させるL-カルニチン、痛みを軽減させるための麻酔薬を独自にブレンドしておりますので、従来のメソセラピー(脂肪溶解注射)に比べて、より高い痩身効果が得られます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)を痩せたい部分に注入すると、フォスファチジルコリンの作用で脂肪細胞から脂肪が溶解されます。
溶解された脂肪は、毛細血管を介して、血中に吸収されます。さらに、L-カルニチンの作用で、効率的に尿を介して体の外へ排出されます。

メソセラピーの原理

メソセラピー(脂肪溶解注射)実際の治療

千葉県・船橋中央クリニックのメソセラピー(脂肪溶解注射)は1本の注射器に11ccの溶液が含まれています。
1本の注射(11cc)を手のひら大の範囲(約10×15cm)に数回に分けて注射します。1日に注入できる量は決まっていて、1日4本までとなります。
また、同じ部位に注射できるのは、1週間に1回までです。違う部位であれば、1日以上の間隔があれば、注射可能です。

<例>

1日目

お腹と太ももにメソセラピー(脂肪溶解注射)上腹部・下腹部・太もも左右で合計4本

4日目

二の腕にメソセラピー(脂肪溶解注射)左右合わせて合計2本

8日目

お腹と太ももにメソセラピー(脂肪溶解注射)上腹部・下腹部・太もも左右で合計4本

11日目

二の腕にメソセラピー(脂肪溶解注射)左右合わせて合計2本

これを繰り返すのは可能です。


<できない例>

1日目

お腹にメソセラピー(脂肪溶解注射)2本

4日目

お腹にメソセラピー(脂肪溶解注射)2本

同じ部位は1週間以上開ける必要がありますので、このような間隔ではできません。

メソセラピー(脂肪溶解注射)治療の流れと治療後について

注入部位をよく冷却します。

メソセラピーの注射をします(非常に細い針を使用します)

メソセラピーの注射した部位をよくマッサージします。

終了します
(全行程は約10分で終了します)


*冷却麻酔して行いますからあまり痛くありません。
*メソセラピーの治療後は当日から普段通りの生活やお仕事、入浴が可能です。
*メソセラピーの施術後の固定や圧迫は一切ありません。
*メソセラピーの翌日から軽い腫れや赤みが出ることがありますが、数日~1週間以内に消失します。
*1回目から効果を実感できる場合もありますが通常1~2週間間隔で5回程度注射を繰り返すことで治療効果を発揮します。
*脂肪の溶解・排泄が効率よく行われるために、メソセラピーの治療期間中は適度な運動をおすすめしています。
適度な運動とは、1日約30分の軽いジョギングやウォーキングなど、少し汗ばむような運動です。
(ただの散歩では、運動量として少なすぎます。)

メソセラピー(脂肪溶解注射)の長所と短所

長所

1. メソセラピーは手軽・簡単に部分痩せができます。

2. メソセラピーは体への負担が少なく、治療後、日常生活に全く制限がありません。

3. メソセラピーは痩せている方でも部分的な痩身が可能です。

短所

1. メソセラピーの効果は劇的ではなく、脂肪吸引より劣ります。

2. メソセラピーは1回で満足な効果を得られることは少なく、5回前後の注射は必要です。

メソセラピー治療を受けられない方

  • 妊娠中の方
  • インシュリン依存の糖尿病の方
  • 心臓疾患のある方
  • 大豆アレルギーの方

メソセラピー(脂肪溶解注射)の症例写真(ビフォー&アフター)

  • お腹メソセラピー治療前

  • お腹メソセラピー6回治療後

  • お腹メソセラピー治療前

  • お腹のメソセラピー5回治療後

  • お腹メソセラピー治療前

  • お腹のメソセラピー5回治療後

  • ふくらはぎのメソセラピー前

  • ふくらはぎのメソセラピー
    5回治療後

メソセラピー(脂肪溶解注射)の料金

メソセラピー脂肪溶解注射
1回 1本 15,000円
6回セット 75,000円

痩せる治療 関連コンテンツ Contents

メニューを開く

【船橋中央クリニックについて】
船橋中央クリニック院長は、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。
常にご来院された患者様に満足していただける美容整形・美容外科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
船橋中央クリニックのこのような取り組みをご理解いただき、船橋市内、千葉市内はもちろん近郊の、錦糸町、本八幡、西船橋、鎌ヶ谷、市川、津田沼、習志野、幕張、江東区、江戸川区、八千代、佐倉、市原、五井、蘇我、勝田台、浦安、柏、野田、松戸、八街、流山、佐原、茂原、成田、四街道、房総や遠いところでは、木更津、東金、旭、勝浦、鴨川、君津、富津、袖ケ浦、印西、白井、富里、匝瑳、いすみ、印旛、山武、香取、九十九里、安孫子、銚子からも多数の患者様にご来院いただいております。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業