BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

豊胸でジェル状充塡剤の規制を求める報道についてNULL

2018/11/27

院長ブログトップ > 豊胸でジェル状充塡剤の規制を求める報道について

豊胸でジェル状充塡剤の規制を求める報道について

豊胸でのジェル状の充塡剤の使用によるしこりや感染症などの合併症が相次いだということで、形成外科医中心のメンバーで構成されている日本美容外科学会(JSAPS)がジェル状の充塡剤の豊胸目的での使用禁止などを盛り込んだ指針をつくることを決める、という報道が先日ありました。

医療法人社団セレスの見解

ジェル状の充塡剤について日本でおそらくトップクラスの量を診療で使用している当方の見解としては、

「しこりや感染症の対応がわからないドクターが、対応に困っているので使用禁止にしてしまおう」

という安易な行動をしているように思えます。確かにジェル状の充塡剤(主にアクアフィリング)は、注入直後においては従来のヒアルロン酸バッグによる手術豊胸と比較すると、感染や炎症が起こる確率は少し高いです。

ただ、仮に起こったとしても、その対応が適切であれば、何ら後遺症や合併症を起こすことなく、良好に経過します。報道にあるように、充塡剤を取り出すような処置を注入して間もない頃には決して行ってはいけないのです。

医療法人社団セレスの対応状況

豊胸のジェル状の充塡剤をたくさん使用しているドクター同士で集まって勉強会を開いたり、先行して取り扱い量が格段に多い韓国に出向き、現地のドクターに教わったりしたことで、こういった感染や炎症の対応への仕方は、当方の施設(青山セレスクリニック、船橋中央クリニック)では完璧に掌握しております。

もちろん治療前には炎症や感染が起こるリスクについては治療希望の患者様にすべてお話しし、事前に同意を得たうえで治療を行っております。

豊胸でのジェル状の充塡剤は従来の豊胸治療と比較して、最も自然な仕上がりになります。当施設としては、今後もこの充填剤のすばらしさについて情報発信を続け、使用を続けます。詳細はアクアフィリング豊胸のページをご覧ください。

元神賢太

 

ブログTOPに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログTOP
お電話でのご予約、ご相談はこちらから お電話でのご予約、ご相談はこちらから
0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです! 0120-118-242 年中無休 / 電話受付:9:30~20:00 フリーダイヤル電話相談がスムースです!

当院は開設15年の歴史を持つ医療法人社団セレスのグループクリニックです。
千葉船橋院:千葉県船橋市(JR総武線・横須賀総武快速線、東武野田線、京成本線船橋駅)、東京青山院:東京都港区北青山(地下鉄銀座線外苑前駅)、埼玉川口院:埼玉県川口市栄町(JR川口駅東口、そごう隣接)がございます。
年間で累計約4万人の患者様にご来院いただいており、都内屈指の症例数がございま す。
様々な治療のご相談をお受けし、施術を行っておりますのでどうぞ安心してお任せく ださい。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

メニューを閉じる

メニューを開く

LINEで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。

フリーダイヤルで予約・相談を
ご希望の方は下記よりお進み下さい。