切らない眼瞼下垂治療で、ぱっちりした瞳に!

2018/06/30

切らずに糸で留める、腫れない眼瞼下垂治療

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱いために、目が大きく開かない状態のことです。
 普通に目を開いた状態では、黒目が7割以上見えるのが標準的なのですが、眼瞼下垂の場合は、黒目が5割程度しか見えていません。

そのため眼瞼下垂の場合、
・眠そうに見える。
・目が細い。
・目つきが悪い。
などの印象を与えることが多く、治療を検討なさる方が多くいらっしゃいます。
ただ、上まぶたを切開し眼瞼挙筋を処置する「切開法」は眼瞼下垂の改善に非常に効果的ですが、糸が7日間付くこと、一定期間腫れが出ることからなかなか手術に踏み切れないケースが多くあります。

そのような方におすすめなのが「切らない眼瞼下垂治療」です。
埋没法によって二重まぶたを作るのと同じように、上まぶたに糸を埋め込むことで目を開けやすくする治療となります。
まぶたの裏側から糸で眼瞼結膜と瞼板を縫い縮める、約30分の治療です。
腫れが少なく、通院の必要もないため学生の方を中心に非常に人気のある方法です。

切らない眼瞼下垂治療のメリット

「切らない眼瞼下垂治療」のメリットは、
・腫れが少ない。
・糸で留める治療のため、治療跡が残らない。
・ダウンタイムが少ないため、学校や仕事を長期間休む必要がない。
という点があります。

学生のお子さんを持つ保護者の方からのお問い合わせも多く、「長年の悩みから解放された」と親子でお喜びいただける治療です。
ぜひご相談ください。

・治療時間約30分
・料金 両まぶた 25万円(税別)

 

 

 

 

 

【船橋中央クリニックについて】
船橋中央クリニック院長は、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。
常にご来院された患者様に満足していただける美容整形・美容外科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
船橋中央クリニックのこのような取り組みをご理解いただき、船橋市内、千葉市内はもちろん近郊の、錦糸町、本八幡、西船橋、鎌ヶ谷、市川、津田沼、習志野、幕張、江東区、江戸川区、八千代、佐倉、市原、五井、蘇我、勝田台、浦安、柏、野田、松戸、八街、流山、佐原、茂原、成田、四街道、房総や遠いところでは、木更津、東金、旭、勝浦、鴨川、君津、富津、袖ケ浦、印西、白井、富里、匝瑳、いすみ、印旛、山武、香取、九十九里、安孫子、銚子からも多数の患者様にご来院いただいております。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業