BLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の院長ブログBLOG 施術症例・美容整形コラム Dr.元神の 院長ブログ

カテゴリー:ふくらはぎボトックス注射

2018/05/08

院長ブログトップ > 僕のダイエット決意(ダイエットの正しい方法①)

僕のダイエット決意(ダイエットの正しい方法①)

先週に引き続き、私事ですが、ベストボディジャパン千葉大会優勝(マスターズ部門)について今週も語りますね。

コンテストに出ることは人生で初めての試みでしたが、そもそも出ようと決意したのは、日々診療での多数受ける痩身の相談がきっかけです。
当院では、脂肪吸引手術のほかにレーザーや注射(メソセラピー、BNLS)による痩身治療を行っていますが、脂肪吸引手術以外の痩身治療においては、患者様自身にも多少のダイエットをする努力をお願いする場合があります。
患者様には「筋トレをメインにした運動を1日最低30分、週2~3回。飲食は、アルコールを控えて、夕食の炭水化物は抜いてください」と簡単に説明することが多かったように思えます。
大会を目指す前から僕はほとんど毎日筋トレをし、炭水化物は控え気味にしていましたので、先ほどの患者への説明は当時に僕にとっては、『簡単なことなので、ちょっとは努力をしてください』と内心思っていました。
ですが、【日々と違うことを挑戦し、努力することはそれ自体が凄くストレスになり得るし、他人が見て、言葉で言うのは簡単でも実践することは難しいのではないか?】と、痩身治療で来院される患者様を診察しながら思うようになりました。僕自身もボディメイクについて、知識も増え、『こうやれば、これくらい脂肪が落ちて、こうなるんだよ』とあたかも全てがわかっている感じになっていました。そういった「知ったかぶり」的な自分も嫌でした。

そこで、『自らダイエット(痩身治療)を実践し、その経験と知識を診療に生かそう』という決意に至りました。ただ、人間やはり目標がないとなかなか気持ちを追い込めないものですよね(笑)。結婚式を控えている女性が頑張ってダイエットするように、僕も何か目標が必要でした。そこで、友人も前年に挑戦して少しは知っていたベストボディジャパン大会に出ようと思いました。また、数あるベストボディジャパン主催の地方大会の中でも「千葉大会」を選んだのは、当法人が千葉県に登記されているという安易な決断からです(笑)。

実際に大会に向けてダイエット(減量)を開始したのは、今年2018年1月4日からです。
年末の12月31日の体重は85.5kgでした。その体重は最大で72.4kgまで落ちました。
いかに約13㎏のダイエットを行ったか、また来週以降書いていきますね!
(このダイエットのネタは毎週でありませんが、症例紹介の間にたまにアップしますね)

上記:大会前日4月28日の背中(笑)

減量中は当院の痩身治療の助けも借りました!

当院の痩身治療については
船橋美容HP「痩せる治療方法のポイント」
青山美容HP「痩せる治療方法のポイント」もご参照ください。
  
美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

 

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/04/10

院長ブログトップ > あらゆる痩身方法についてアドバイスします!

あらゆる痩身方法についてアドバイスします!

当院ではいろいろな痩身治療(痩せる治療)を提供しております。
列挙しますと、下記のとおりです。

・脂肪吸引手術
・レーザーによる脂肪分解治療(エクセル)
・脂肪溶解注射
・BNLS注射(顔専用の脂肪溶解注射)
・小顔エラボトックス注射
・ふくらはぎボトックス注射
・薬による痩身治療(メディカルダイエット)

僕のポリシーとして、確信をもって効果がある治療・良い治療しか提供しておりません。
そしてできる限り自分でもその治療を試しております。
そして、僕自身が当院の脂肪溶解注射、エクセル痩身レーザー、メディカルダイエット、運動療法による複合的総合的痩身プログラムを実践したことによって良い結果を出しました。

上記:当院の痩身プログラム実践前の僕の体重と体脂肪率

上記:当院の痩身プログラム実践後(実践中)の僕の体重と体脂肪率 (2018年4月14日現在)

体脂肪率が16.4%→8.1%まで改善しました。
実際のお腹の写真なども今後アップしますね(笑)
痩せたいと思っていて、なかなか結果が現れないかたもお気軽にご相談ください!

当院の痩身プログラムについて
船橋美容HP「痩せる治療方法のポイント」
青山美容HP「痩せる治療方法のポイント」もご参照ください。
 
美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/03/27

院長ブログトップ > 衝撃的なふくらはぎボトックスの効果

衝撃的なふくらはぎボトックスの効果

このブログでは多くの回でモニター患者様のビフォーアフターを紹介していますが、実はご紹介しているモニター様はこの10倍くらいのかたがいらして、このブログで紹介しきれていないのが現状です。先週はふくらはぎボトックスのモニター様をご紹介しましたが、ついでに他のふくらはぎモニター様の写真を見ていましたら、衝撃的に変化があるモニター様がいらっしゃいました!

すべてのふくらはぎボトックスを受けた患者様が同様な効果を現れるわけではありませんが、当院で行っているオリジナル方法によってここまで変化が出たのも事実です。

ではモニターをご紹介します。

当院のオリジナル方法では1回目のふくらはぎボトックス後の1か月後、2か月後に連続で注射します。

このモニター様も1回目を2016年12月4日、2回目を2017年1月13日、3回目を2017年2月13日に受けていただきました。

そして、その効果と持続性を確認するために、3回目のふくらはぎボトックスから約6か月後にお越しいただいて、撮影しました(2017年8月4日)。

写真左:治療前(2016年12月4日) 写真右:3回目の治療後約6か月の状態(2017年8月4日)

 

 写真左:治療前(2016年12月4日) 写真右:3回目の治療後約6か月の状態(2017年8月4日)

以上のように衝撃的に劇的に細くなりました。

しかもこれは最後にふくらはぎボトックスを注射してから6か月後の状態です。

 

ふくらはぎボトックスについては
船橋美容HP「ふくらはぎボトックス」
青山美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。
 
美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)

元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2018/03/20

院長ブログトップ > ふくらはぎボトックスの効果

ふくらはぎボトックスの効果

「ふくらはぎを細くしたい」という相談を、当院では非常に多く受けます。

ふくらはぎが太く見える理由の多くは、筋肉が発達しているからです。

この筋肉だけをピンポイントに小さくするのがボトックス注射です。

いわゆる「ふくらはぎボトックス」です。

「ふくらはぎボトックスを他院で何回も受けたけど、効果が全然なかった」という相談もよく受けます。これは単純に打つ量と回数が少ないからです。

短期的に集中して高濃度のボトックス注射を受けることで、持続的な効果が現れるのです。

では当院でふくらはぎボトックスを受けたモニター写真を紹介します。

写真左が治療前です(2013年5月5日)。

写真右がふくらはぎボトックスを4回受けたあとです(2013年11月18日)。

 

内側にボコって膨らむ腓腹筋が小さくなっていますね。

個人差はありますが、このボトックスの治療効果は持続します。

 

ふくらはぎボトックスについては
船橋美容HP「ふくらはぎボトックス」
青山美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
青山セレスクリニック(東京青山院・埼玉川口院)
 
元神賢太

 

 

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2016/12/13

院長ブログトップ > ふくらはぎボトックスの量と間隔が大事!

ふくらはぎボトックスの量と間隔が大事!

ふくらはぎボトックスを行なっている美容外科は今では増えましたが、
他院で受けた経験がある患者様に当院を受診することがあります。

そういう患者様が皆一様に言われるのが、「効果があまりなかった」ということです。
この原因は他院ではボトックス注射の容量が少ないのと、注射の間隔を開け過ぎているからです。

僕はボトックスが日本に普及し出した15年以上前からすぐにボトックスをふくらはぎの痩身治療にも利用し始めましたが、
その経験の中でベストな容量と間隔と注射部位を見出しました。

当院のふくらはぎボトックスで「効果がなかった」という患者様は一人もおりません。

他院で効果がなかったというかたも是非当院にお気軽にふくらはぎボトックスをご相談ください。

それではふくらはぎボトックスのモニター患者様をご紹介します。

上記写真:ふくらはぎボトックス注射前(2013.5.5)

上記写真:ふくらはぎボトックス4回注射後の3か月の状態(2013.11.18)


ふくらはぎボトックスについては
船橋美容HP「ふくらはぎボトックス」
青山美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2014/07/01

院長ブログトップ > 注射で美脚に!ふくらはぎボトックス

注射で美脚に!ふくらはぎボトックス

ふくらはぎが太く見える要因は様々ですが、筋肉の張りために太く見える場合は、ボトックス注射で細くなります。

注射だけの治療ですので、体への負担もないので、「簡単に、気軽に」細くしたいかたにおすすめの治療です。

通常1か月に1回の治療を3~4回続けていただきます。

それではモニター写真をご紹介します。

ふくらはぎボトックス前a
ふくらはぎボトックス前b

治療前の状態です。

ふくらはぎボトックス後1a
ふくらはぎボトックス後1b

1回目の治療後(2回目の治療前)

ふくらはぎボトックス後2a
ふくらはぎボトックス後2b

2回目の治療後(3回目の治療前)

ふくらはぎボトックス後3a
ふくらはぎボトックス後3b

3回目の治療後(4回目の治療前)

ふくらはぎボトックス後4a
ふくらはぎボトックス後4b
4回目の治療後(4回目の治療後1か月)

かなり細くなりましたね。

最後の患者のお答えいただいたアンケートです。

患者様アンケート
「年代:20代
 性別:女性
 施術:ふくらはぎボトックス4回セット

 ・ふくらはぎの筋肉が気になっていた為。女性らしい脚にしたかった。
 ・サイトを見て電話させてもらった際スタッフの方の対応が良かった為。
 ・不安はありましたが、何でも質問できるような安心感のある対応をして頂きました。
 ・施術はすぐに終わりますが、痛みは針がささる感はありました。
 ・階段の上り下りは力が入りにくかったです。
 ・明るい院内の雰囲気は好感がもてました。有難うございました。」

船橋美容HP「ふくらはぎボトックス」
青山美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2012/05/29

院長ブログトップ > ふくらはぎボトックス

ふくらはぎボトックス

今回は久しぶりにふくらはぎボトックスのモニターの写真をご紹介します。
ふくらはぎボトックスは、合計4回注射することで、効果がしっかり現れる治療です。ふくらはぎの筋肉に注射して、ふくらはぎの筋肉を委縮させるのです。ふくらはぎが太く見える原因が、脂肪ではなく、筋肉の場合は非常に有効な治療です。手術ではなく、注射の治療で、1分くらいで終了するのも人気の理由です。
このモニターさんは、平成23年9月10日、10月6日、11月7日、12月14日にボトックス注射を受けました。そして、平成24年2月21日に治療後の変化を確認するために撮影をしました。

ふくらはぎボトックス治療前1ふくらはぎボトックス治療後1
写真:治療前とボトックス注射4回治療後(正面)

ふくらはぎボトックス治療前2ふくらはぎボトックス治療後2
写真:治療前とボトックス注射4回治療後

ふくらはぎボトックス治療前3ふくらはぎボトックス治療後3
写真:治療前とボトックス注射4回治療後

ふくらはぎボトックス治療前4ふくらはぎボトックス治療後4
写真:治療前とボトックス注射4回治療後(後ろから)

ふくらはぎボトックス治療前5ふくらはぎボトックス治療後5
写真:治療前とボトックス注射4回治療後(背伸びをした状態)

ボトックス注射4回治療後はふくらはぎの筋肉が小さくなり、ふくらはぎ全体が細くなりました。

患者さんにも満足していただけました!

患者様アンケート(クリックで大きくなります)

このふくらはぎのボトックス注射は、1回の注射するボトックスの量と、筋肉の部位とその深さにちょっとコツが必要な治療で、しっかりとした効果を出すのが、比較的難しい治療です。
また、脂肪が多いためにふくらはぎが太く見える場合は、脂肪吸引をおすすめしています。

船橋美容HP「ふくらはぎボトックス」
青山美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む

2010/01/19

院長ブログトップ > ふくらはぎを細くするには(第2回)

ふくらはぎを細くするには(第2回)

ふくらはぎを細くするには(第2回)

今回は、ふくらはぎボトックスの話です。
つま先立ちになった場合にふくらはぎの筋肉がぐっと出っ張る場合は、ボトックスで筋肉を小さくすることで、ふくらはぎを細くすることができます。1回のボトックス注射では、すぐの元に戻ってしまいますので、船橋中央クリニックでは、4回を短期間に連続して打つ方法をおすすめしています。この方法ですと、元には戻りません。
ただ、注意しないといけないのが、ふくらはぎボトックスは本来健康のために必要な筋肉をあえて萎縮させてしまうことです。筋肉を萎縮させることは、健康とは逆行していることを十分理解した上で、施術を決断していただいています。

下の写真は、ふくらはぎボトックスとふくらはぎの脂肪吸引の両方を受けた患者さんです。太く見える原因が筋肉と脂肪の両方にある場合は、このように2つの施術を受けるのがベストです。

写真左:施術前(2009.6.30撮影)
写真右:ふくらはぎの脂肪吸引とふくらはぎボトックス(計4回)を受けた後。(2009.11.11撮影)

右の写真の足首をよく見ていただけると、脂肪吸引の傷跡がわかると思います。この傷跡は時間がたつと、足関節のしわに紛れて、ほとんどわからなくなります。ちなみにボトックス注射の1回目は、脂肪吸引と一緒に受けます。その後、1か月に1回通院して、計4回ボトックスをふくらはぎに注射します。

写真を比較すると細くなったのはおわかりいただけると思います。ただ、診察を受ける方には、もっと大きな効果を求める方がいます。上記の写真くらいが今の美容外科の限界ですので、これ以上は細くすることはできません。

美容HP「ふくらはぎボトックス」もご参照ください。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

ブログTOPに戻る
▼ 続きを読む
ブログTOP
【船橋中央クリニックについて】
船橋中央クリニック院長は、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。
常にご来院された患者様に満足していただける美容整形・美容外科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
船橋中央クリニックのこのような取り組みをご理解いただき、船橋市内、千葉市内はもちろん近郊の、錦糸町、本八幡、西船橋、鎌ヶ谷、市川、津田沼、習志野、幕張、江東区、江戸川区、八千代、佐倉、市原、五井、蘇我、勝田台、浦安、柏、野田、松戸、八街、流山、佐原、茂原、成田、四街道、房総や遠いところでは、木更津、東金、旭、勝浦、鴨川、君津、富津、袖ケ浦、印西、白井、富里、匝瑳、いすみ、印旛、山武、香取、九十九里、安孫子、銚子からも多数の患者様にご来院いただいております。

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業